まつけんブログ

あなたはただ生きるだけでいい2020年07月07日

先日、知り合いの社会人1年生さんと話をしました。

本来ならとっくに研修がおわって勤務している時期ですが、

コロナウイルスの影響でそれが一切できず、

自宅待機が続いて不安なんだそうです。



「仕事していない自分でいいのか?」

という不安はよくわかります。

自宅待機でも給料はもらっているそうなので、

責任感が強い人ほど自問自答するでしょうし、

停滞している自分に不安を感じることもあるでしょう。



人間にとって「何もしていない感」は耐え難い苦痛です。

なんでもいいから、なにかやった方がいい。

アカギが言う通り、

「ただやること、その行為そのものが生きるってこと」

だから。



自分がやることに、理由など必要ありません。

思いついたことを、ただやればいい。

自分の内側から出てくることもあれば、

他人に誘われてはじめることもあるでしょう。



理由など、やり終えたあとでなければわからない。

あとで「あ、そうだったのか」と気づくものなのです。

やる前に悟れるのなら、やる必要がない。

やらないと悟れないからやるしかない。



とりあえずやってみる。

とりあえず生きてみる、でいいのです。



そして、その理由もたいていはシンプルです。

「本当の使命に気づくため」とか、

「自分が価値ある存在だと気づくため」とか、

「借りを返すため」とかね。



たいていはそういうシンプルな学びです。

シンプルだけど、理解するのは至難の業なんですよね。

だから人間として生きることで、それを学んでいる。

それが私たちです。