社長ブログ

応援ありがとうございます2020年07月22日

昨日のブログでは、つい個人的な話をしてしまいました。

読んでくださった方、ありがとうございます。



文中でも申し上げた通り、本来あまりネガティブなものは

公表しないほうがいいんですが、なぜか書いてしまいました。



きっと、「いま」を生きるために、

どこかで「過去」を清算しないといけないんでしょうね。

清算してはじめて「過去」を存在しないものにできる。

そんな気がします。

頭や理屈だけで執着から手を離すのは難しいんでしょう。



以前からお話しているように、

私は自分に向けられた感情を感じる資質があるので

読んだ方の共感、あるいは応援の思いが伝わってきて

昨日は体中がほんわか暖かかったです。

泣いているような感情も私の中に入ってきました。



一方で、膝や背中に多少痛みが走ることもあったので

同じように「過去」で苦しんでいる人や、

自分が加害者だと思った人もいるかもしれません。

そういう人の苦悩を体の痛みとして共有するのが

私の資質です。



この資質の興味深い点は、私を傷つけた人の後悔や反省も、

私は体の痛みとしてシェアしているということ。

シェアにオンオフ機能はないので

該当者がいれば常にシェアしている状態です。



この資質に目覚めた当初は、その理不尽さに

自分の資質を恨んだこともありました。

なぜ傷つけられた上に、加害者の後悔まで

身に浴びなければならんのだ!ってね。



痛みや怒りを抱え、自問自答し続けた先にあったのが

このブログに書いてきたこと、

そしてこれから書いていくことです。



「過去」は存在しない。

「過去に執着するあなた」が存在するだけ。



あなたが被害者でも加害者でも同じです。

本当のあなたはそのどちらでもない。

ある瞬間、そういう役割を果たしたに過ぎない。

私たちはそうやって互いに学んでいくのです。



どちらの役も執着したいだけしたら、離れましょう。

ただの役を本当の自分だと思い込んでいるうちは

「過去に執着するあなた」です。



私もこのことを胸に刻みながら、いまを生きたいと思います。

執着しすぎてはいけませんよ。

っていうか、こっちは体が痛いんだからさー。

悩むのもいいかげんにしろっつーの。笑