まつけんブログ

応援されるか否か、の時代2020年10月17日

当社でもご案内を差し上げているようですが、

お家で使う電力を地域会社(ウチなら四国電力)

以外のところと契約する、

いわゆる電力自由化がはじまっています。



制度開始時は選択肢がほとんどありませんでした。

最近は高松市でも何社か対応してくれるようになり、

選ぶ自由があります。



自社の提案サービスを使ってもいいんですが、

一度は自力でやってみようかなと思って

各社の内容を調べたり、

料金と条件の比較などしてみました。



各社のキャラクターを大まかに言うと、

「とにかく安い」

「企業体力がある」

「ガスや通信など他のサービスとセット可」

「再生可能エネルギーをやっている」

など。



やっていて面白いなと思ったのが、

電気代を下げたいという気持ちで調べはじめたのに

いつの間にか、

「どの会社を応援したいか」

という見方で比較をしている自分がいたんですよ。



これはクラウドファンディングなんかと同じですね。

自分の利益はそこそこでいいから、

共通の価値観や理念を持つ企業を選んで

応援してあげたい。



このような傾向は今後さらに強くなっていくので

企業の成長には欠かせない要素になると思います。



ただ、これまでのようなプロモーション活動で

応援したいと「思わせる」戦術はもう通用しない

とも思いますね。



世の中の広告物には、嘘やごまかしが多すぎるんですよ。

キレイなイメージや聞こえの良いコピーを流している

企業ほど、内部は殺伐としているものです。

クレームが絶えないとか、労基に通報されている、とか。



そういう「思わせる」ことに熱心な企業は

衰退していくと思います。

実情を知る従業員や顧客の心は離れていくのだから。



装うのではなく、まずは素顔をさらけ出すことですよね。

別にイケメンでもないし、天才でもない。

間違いも犯すし、ケンカもする。

私のように顧客を追い出すこともあります。



でも、私たちは絶対に裏切らない。

誠実に、勤勉に、信念と責任を持ってやる。

いまなにを考え、どう行動しているかをお話する。

自分と真剣に向き合い、真剣に自分を生きる。



「そんな私たちを応援したいと思ってくれる人が

いたら、ぜひお願いします」

そういうことだと思います。

応援は自分を偽ってつくるものじゃない。

生き方によって自然発生するものです。



不動産業界は偽装する者が特に多いので、

私たちはそのことを忘れず、今後も活動します。



余談ですが、今回の電力会社比較は

四国電力からの「ネットとセット割引」の

案内がきっかけでした。



私は現在、ネットと電気の両方をあわせると

年間18万円くらい払っています。

それを、電力も四国電力で固定するなら

「セットで1,000円割引き」

してくださるそうです。



・・・ん?

1ケタ間違えてない?

そんな案内、やぶ蛇になるだけだと思うんだけど。

現に私は他社に変えてしまいましたよ。

これで5Gが普及したら・・・。