まつけんブログ

まだまだわかっていない2020年12月23日

ご無沙汰しております。

別件対応でしばらく離れておりました。



ログを見ると、更新していない割には

結構読まれている感じ。

直帰率が高いので、以前読んだものを

ピンポイントで再読されているのかな。



私の話は、設定条件に多少の違いはあれど

たいていの方がいずれは通る道ですから、

「その時」が来れば参考になるでしょう。

ご自身の試練と仲良くしてください。



すべては自分自身と向き合うことです。

自分以外に理由を求めてはいけません。

他人のせいにしていてはダメなのです。

なぜなら「あなたの試練」なのだから。



・・・と、格好いいことを言えるのも

自分がとことん向き合ったから、ですかね。

今年もいろんなことがありましたし、

いろんなことを知り、

逃げずに受け止め、

乗り越える努力をしてきました。



その経験から言えるのは、

自分はまだまだわかっていないということです。

何がわかっていないのかはわからないけど、

まだ相当な量が残っているだろうから

「自分はわかっている」

なんてとても言えない。



100のうち、2つか3つを理解した程度で

「わかったつもり」

になっていたり、

「賢人として評価されたい」

などと思い上がっていたわけですね。



今年は特に、削ぎ落とせるものは

すべて落とした環境で生活してきましたから

人生そのものがシンプルになって

自分の良い面も悪い面もむき出しになりました。

それが己を知る良い機会になりましたね。



だから、いまの私は口が裂けても

「自分はわかっている」

などとは言えません。

理解すればするほど、次から次に

新しいネタがやってくるわけで、

そういうサイクルを回れば回るほど

謙虚になっていくというのが

本来の姿なんだろうと思います。



謙虚さに欠ける人は、それがわかっていない。

そのことすらわかっていない。

どうでもいい知識ばかり追求して

「オレはなんでも知ってるんだぞ」

って思ってる時点で

「お前はなーんもわかっとらん」

ってことです。

そのことをわかるか否か、なんですね。



ま、それも三次元という低次元の世界で

子供がキャッキャしてる程度のことなんで、

全体から見れば小学校で分数を覚えたくらいの

レベルの話なんだろうなあという気がします。

それでも小学校の卒業にはなんとか間に合うかも。

(輪廻転生にも回数制限があるらしいですよ)



さて、来年はなにを理解できるんでしょうか。

なにを理解する機会を得られるんでしょうか。

試練を伴うので、以前は怖くもありましたが

いまは楽しみの方が大きい、かな。



あ、その前にいまの用件を片付けないと。

私たちは「いま」にしか生きられないんでしたな。