まつけんブログ

「過去は存在しない」記事を削除2021年01月09日

しました。

どうもあの文章の暗い世界観に浸っているというか

依存している人がいますね。

それは私の本意ではないので削除しました。



補足していたように、私の過去の記憶も

本来は連鎖(=伝播)させるべきではないし

私自身はもう水に流して終わったことなので

もうこの世には無用なものです。

文章も成仏させてあげましょう。



あらためて、

「過去は存在しない」

というテーマに関する私の見解を書きます。



過去に不幸なことがあったとしても、

それは過去にあって終わったことであり

いま目の前で起こっていることではありません。

もう終わった過去のことを

いつまでも気にしているあなたがいるだけです。

自分を変えない・努力しようとしないことへの

免罪符にするために、ね。



ずっと気にして生きたければ、それもいいでしょう。

あなたがどう生きて、どう死んでいくかは

あなたの自由であり、私の知るところではない。



しかし、私はそんなあなたに

「いつまでこだわれば気が済むのかね?」

「誰がずっとそのままでいいって言った?」

と申し上げたい。



そもそも、不幸な出来事っていうのは

あの世にいる「本当のあなた」が

この世にいる「分身のあなた」に課した

人生の課題なんですよ。

成長するために必要な要素として、ね。

だから起こるのが当たり前なのです。



したがって、不幸な出来事を経験し、

それによって傷つき、悩み、苦しむのはいい。

でもね、いつまでも不幸の海を漂って

人生全体を「停滞」させてはいけないのです。

「停滞」とは、やるべきことをやっていない、

必要な一歩を踏み出していないという意味です。



私は以前の記事で

「とことん執着してください」

と書きましたが、それは停滞とは違います。



不幸な出来事から目をそらさず、しっかり向き合うこと。

他人や環境のせいにせず、自分の中に原因を探すこと。

どんなに高い山でも登り切るような、

地味でまっとうな一歩一歩の歩みを言っているのです。



私が「応援する」と言ったのは、

このような努力をしている人だけです。

努力しない人に優しくしようとは思わない。

「この馬鹿者が!」

とケツを思いっきり蹴り上げてあげます。



私は自分の不幸話をしたかったのではなく、

それを自分の課題とし、乗り越える姿を

リアルタイムでお見せしただけのこと。

ここは、不幸な人生からいつまでたっても

抜け出そうとしない人たちの溜まり場ではありません。



自分の努力で過去の不幸を乗り越えようとせず、

いつまでも不幸なままでいる人に

手を差し伸べようとは思いません。

ましてや応援するなどあり得ない。

私のところに寄ってこられても迷惑なだけなので

二度と私に近づかないでください。



ただね、これを読んでいるってことは

乗り越える力があるってことじゃない?

乗り越える時期に来てるってことじゃないの?

要はきっかけひとつなわけでしょ。

今回の言葉をそのきっかけにして欲しいですね。



努力を続ける方には、引き続きアドバイスを

差し上げますので、また念でも送ってください。笑