■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2014年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2296420
今日: 105
昨日: 987

黄斑円孔閉鎖手術後の仕事初日
7日(火)午後から、「硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)+水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)を受けました。9月10日に症状を告げられて、その日に10月の手術が決まりました。迷いましたが、結論はその場で出しました。

日に日に視力が落ちている感じがしていたもので、これも縁です、阪大の先生が来院して手術をして下さるなら、それに賭けようと考えました。大阪へ出向くのも大変、香川医大でもこれから1ヶ月後。院長の真鍋洋一先生によると、白内障ほど簡単ではなくて、10年前までは失明した病気のように言われました。

昨日の小欄に書いたとおり、ここで施術経験のあるライオンズメンバーに紹介されました。彼女は白内障手術の後に、遠近両用レンズを入れて今ではメガネなしの生活をしていると言うので、それは良いわ、私も行ってみようと考えました。

眼科医は地元仏生山町にも福田先生がいらっしゃいますが、取り敢えず行ってみようかという程度の動機でした。結果として私の場合は、白内障で納まらず、黄斑円孔閉鎖手術になりました。

正式には冒頭に書いた手術ですが、手術の時間は重要事項説明には1時間と書かれてありましたが、僅か40分。最初に白内障の手術をして、その後「硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)でした。資料も頂きましたが、専門的なことは全く分かりません。「目玉を取り出すのですか」「いいえ」。

(+)プラス以下が、白内障の手術の正式名称です、眼内レンズは遠距離用、つまり遠くに焦点を合わせるレンズの挿入です。先に白内障の手術、それから本来の手術になります。麻酔は点眼液によるもの、とどめは注射です。噂では眼球にするとか聞いていましたが、目の下に注射をします。

局部麻酔ですから、先生やスタッフの会話は、すべて聞こえます。先生もそれを熟知していて、決して怒りません。設備は大学病院と同等とは思えませんが、ここまなべ眼科クリニックも、新しいコンクリート打ちっ放しの斬新な建物だけに、医療機材は揃っているように思います。

手術の結果は医師の腕前次第と言いますが、ここでも「見える化」の機材がなくては、腕前も十分発揮できません。TV番組で、癌の摘出手術を「ダビンチ」という医療ロボットがしているのを見かけます。ダビンチは、1台1億円するそうです。医療の世界の進歩発展は、早いですね。まさに命がけ。

さて私の手術ですがスタート後、初期は何だか万華鏡のような映像が目の中に見えたように思いました。勿論吸引経験はありませんが、危険ドラッグによる幻覚のようにも見えます。私はしっかり両目(手術は右目だけ)を開けているだけです。

後半の終盤にピークが来ますが、ここでは「はさみ」が見えます。これははっきり見えました。はさみが薄膜を摘まんで、取り除きます。孔(あな)を埋めている感じはありません。脂肪膜の様なものを、はぎおとしているようでもありました。

これが、この手術の神髄でしょうか。一度取り除いて終わりかと思いきや、「この人は二重であるみたい」と言いながら生野先生は、丁寧に更なる薄膜を掴んで取り除きます。「患者に聞こえたかな」「聞いていました」と医師と患者が会話をしながら進んでいきます。

痛くはありません。麻酔の注射が、一番の痛みでした。術後の鎮痛剤も服用することなく、その日はどうにか終わりました。最も、眠りにつくことはありません。ウトウトイライラする中で、今日一日のこと、今日までの選択を振り返っていました。下を向きながら、寝たり起きたり座ったり。

まるで不動産を買った買主が、その後も暫く不動産情報を見続ける習慣に似ています。「自分の決断が正しかった」、ということの検証をしています。第三者から、「掘り出し物を買いましたね」とか言われたら、もう極楽浄土の悦に入ります。そうそう私も早く、極楽へ行きたいものです。

本日の療養あけ初仕事は、同時に術後1週間目の検査日でもありました。上半分は見えますが、下半分は水の中にいるようにぼやけています。実はこれが反対なのです。網膜に結ぶ像は、左右上下が反対になるのだそうです。

診察の結果経過良好と言われましたが、これからもう1週間程度は、経過観察期間です。「せめて1.0の視力回復?」「そんな欲言ったって、見えなかったんですよ」。修理する側の医師と、される側の患者では更なる高みが違うようです。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2826 |
| 社長日記 | 08:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
黄斑円孔の手術をうけました
台風19号が上陸し、日本列島を串刺しするように進みました。今年は自然災害が多い年です。14日青森市で開催予定だった盛和塾塾長例会が中止になりました。私が入塾後、塾長例会が中止になった記憶はありません。先の台風による「広島土砂災害」、「御嶽山噴火禍」「19号災害」等災害が続いています。

ところで私ごとで恐縮ですが、先週黄斑円孔の手術を受けました。黄斑円孔は、眼底の中心にある黄斑部の網膜(もうまく)に孔(あな)があく病気のようです。黄斑部は物を見るための中心ですから、黄斑円孔になると非常に物が見えにくくなります。

(私は10年前までと言われたが)15年ほど前までは治療不可能とされていましたが、最近では手術で、ほとんど黄斑円孔は閉鎖することができるようになってきたと言われています。私のような高齢者に多い病気ですが、落下事故や眼の打撲などで若い人にも起こることがあるそうです。

このように眼の老化、とくに硝子体(しょうしたい)の加齢による変化が原因です。IPS細胞(人工多能性幹細胞)を網膜に移植した70代の女性がいましたが、彼女の場合は、網膜を下から出てきた血管が傷つけたもので、その血管を取り除き、網膜にIPS細胞を灸張りしたものです。

若ければごくまれに自然に治ることがありますが、一般的には硝子体(しょうしたい)手術が唯一の治療法のようです。手術では眼のなかに気体を注入するので、術後数日間はうつ伏せの体位をとらなくてはなりません。先の女性も、「寝られなかった」と証言していました。

うつ伏せ体位は、つらいものですが、特に眠る際のうつ伏せ体位では、1時間と眠ることが出来ません。私も手術当夜は、それでも頑張りましたが、2日目からは諦めました。事前にうつ伏せ寝に適する枕をネットで購入して備えましたが、どうしてもうつ伏せ体位では眠れませんでした。

黄斑円孔は、今では手術によって90%以上は円孔が閉鎖するようになっていると言われていることから、がんばる甲斐があるのはよく分かります。重力の関係で、下を向くと入れたガスが上へ上がり網膜を適度に圧迫しうまく引っ付きます。このタイミングが大事なことです。ガスが早く抜けすぎても、圧着が不完全になります。

サクセスストーリのように円孔が閉鎖すると、直後から変視症は大幅に改善しますが、視力の回復はさまざまだそうです。私の場合ですが、術後6日経過しましたが、起立して外を眺めるとガスがまだ半分ほど下に残っていて、視力が回復したとは言い難い状態です。

先の「網膜剥離」がおこらないように、ガスが適度に網膜を圧迫している状態が必要なのです。事前のカンファレンスでは、通常術後1週間程度で、ガスが抜けるだろうとも言われています。失敗した場合の想定姿も、詳細に説明されています。

私の場合は今年正月6日に、ライオンズメンバーで白内障の施術後順調という人の紹介で、市内の眼科クリニックを訪ねました。ここでは問題視されず、次ぎに9月に再診を受けました。洒落ではありませんが、日に日に目に見えるように視力が落ちていました。ここで間髪入れず、手術をアドバイスされました。

このクリニックで阪大の生野恭司先生による施術を選ぶか、香川大学への紹介状で大学病院へ行くか。突然の選択を迫られた状態の中で、一瞬逡巡しましたが、「お願いします」と次ぎに答えていました。医大へ行ってまた一から検査を受けて、ぐずぐず1ヶ月を過ごすより、阪大の先生が施術してくれるなら、それがラッキーかなと考えました。

そして手術日が決まりました。先生が来院する日が既に決まっているようです。万一のことも考えて、会社や業界の一部の人には、手術のことを告げました。「頑張って!」と言われましたが、頑張るのは先生です。私は先生にすがるだけで、ただ施術中は、「これは戦いなんだ」と自分に言い聞かせて、身体を動かさずしっかと目を開けて頑張っていました。

その後の自宅療養でも、寝ている以外は、気がつく限り下を向いて生活しています。早く手術をするほど円孔が閉鎖する率は高く、視力の回復は良好だと知ったのは、この記事を書くために調べた記事からです。

手術は一刻を争うわけではありませんが、早く手術を受けるに越したことはありません。時間がたちすぎると、円孔は閉鎖しても視力はあまり回復しません。 (執筆者:河野 眞一郎)

14日(火)から仕事を始めます。視力はまだまだの状態で、失礼をする機会もあるかと思います。失礼の段は、どうぞお許し下さいませ。自動車の運転も、すぐには出来ないと思います。すべてにおいてならし生活をしながら、社会復帰に努めます。やはり目が不自由だという生活は、予想以上に何も出来ないものでした。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2825 |
| 社長日記 | 08:07 AM | comments (0) | trackback (0) |
TV東京にオリンピックを呼んだ男
「50年前、東京オリンピックを招致した人々の知られざる感動の物語」。1964年の東京オリンピック開催から丁度50年。フジテレビが、土曜プレミアムドラマとして10月11日に放映したものですが、製作者の意図通り、大変感動しました。涙腺の弱い私としては、随所に涙してしまいました。

ドラマですから、すべてが史実ではないとしても、あの時代に「日本人の矜持」をつらぬいた日系二世アメリカ人が、東京オリンピック誘致のためのロビー外交を長期間にわたってやります。妻も日本人二世ですか、折り紙で鶴を折ったりして夫とともに、中南米諸国のIOC委員に招致を働きかけます。

敗戦から15年が経過した頃の日本は、俗に言う2等国3等国でした。その当時の招致史話は、還暦を過ぎた私も初めて見ました。東京オリンピック50年を記念したものであることは、当然理解できますが、もう一方では、2020年大会への意味付けとも思えました。

先に発表された、2020年東京五輪のビジョンもなかなかの秀作だと感心しました。「1964年、(東京五輪が)日本を変えた、私たちが2020年、世界を変えましょう。歴史がもっともイノベーティブなオリンピック競技大会だったと記憶するために」というものだったと記憶しています。

キリスト社会とイスラム社会が、覇権を争っています。このまま突き進むと、地球は崩壊します、「スポーツには、世界と未来を変える力がある」とはいうものの、そんなに簡単ではないと私も思うのです。しかし八百万の神を持つ日本では、キリスト教もイスラム教も決して否定することはありません。だから日本なのです。

それぞれが、自己主張をしながら相手の言い分にも耳を貸す舞台が、ここ日本であり、2020年東京五輪ではないかと私は思っています。敗戦からの復興の象徴としての1964年東京五輪、次の人類の共存共栄を模索する2020年東京五輪になって欲しいものです。

話しを戻しますが、1964年東京五輪誘致のために奔走した偉大な先人の苦労の一端を垣間見て、改めて前向きに生きるためには、それぞれが感じる「誇り」が必要なんだと感じました。2020年東京五輪にまつわる黒い金の噂も、耳にしますが、金や利権より誇りでしょう。

世界人類に共通することは、2020年東京五輪がいま生きている人々の人生において、たった一度の機会だという現実です。だからこそ、この機会を生かして、キリスト世界とイスラム世界という枠を越えた交流の舞台であって欲しいと願う2020年東京五輪です。

それもこれも、1964年東京五輪開催のおかげです。先に小欄で書きました「東海道新幹線」や全宅連総会などでお世話になる「ホテルニューオータニ」、また高速道路も1964年東京五輪を契機として誕生し、日本人の生活向上に大いに貢献してくれています。

私は歴史物が大好きで、「明治維新」や「黒部の太陽」、はたまた「瀬戸大橋を作った男」などの人々の生き様を垣間見ることが大好きです。主人公が大酒飲みの破天荒な人ならのめり込んでいきますが、一方では脇役に、視点をあてています。主人公は、意識するまでもなくクローズアップされています。

多くのユダヤ難民の命を救った杉原千畝や、孫文の台湾独立に資金援助した梅屋庄吉(うめや しょうきち)、百田尚樹の「海賊と呼ばれた男」で知られることになった出光興産創業者出光佐三など、偉人の活躍には血湧き肉躍る感情を抱くのは私だけだろうか。

改めて1964年東京五輪を呼んだ男たちに、感謝をしたい。そして自分が出来ることを、探し出してでも成し遂げたいと強く思う私でした。たいしたことはとうてい出来ませんが、自分が抱く「誇り」となれば、自分は往生できます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2824 |
| 社長日記 | 10:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
新宿駅西口のラーメン処「満来」と「らあめんほりうち」
新宿には私好みのラーメンが3店ありますが、その内、JR新宿駅西口を出たところ、「小田急ハルク」の向こうから左(西入る)へ左折したところに、ほぼ隣接するラーメン処「満来」と「ほりうち」を紹介します。元は一つで、分家した両店です。

場所ですが、下のページを開いて下さい。手前が「ほりうち」で、その先が満来です。どちらもつけ麺が美味しい店ですが、「満来」の新築を機会に独立したのが「ほりうち」さんです。満来が本家です。

よく似た品揃えで、賛否両論あると思いますが、私は「ほりうち」を支持します。ここ1ヶ月の間に2度行きました。その前に、満来へ行きました。ここには、声のよく通る中国人女性がいます。この声に惹かれてと言う一面も、満来にはありました。

らあめんほりうち

満来

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2823 |
| 社長日記 | 08:09 AM | comments (0) | trackback (0) |
不動産ネット取引がついに解禁になりそうだ
業界筋で以前から取りざたされていた、「賃貸借契約及び売買契約前の重要事項説明をインターネットのTV電話で出来る」ことを前提にした、宅地建物取引業法の一部改正を国土交通省は、早ければ来年度から1~2年の期限付きで試験的に導入し、問題がないか見極める方向へ動き出しました。

これまでは「宅地建物取引主任者」の資格を持つ宅建業者が買客と対面し、物件の概要や契約の条件についての諸注意などを文章にまとめた「重要事項説明書」を作成し、主任者証を提示の上、この説明を契約の前までにやるようにと宅地建物取引業法で求めていました。

これに対して三木谷浩史楽天会長兼社長が代表理事を務める、「新経済連盟」などがネットによる説明を働きかける一方、消費者団体や全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)などは、手法を簡略化すると消費者にとって不利益が生じる可能性が高いと反対をしてきました。

私は三木谷浩史楽天会長兼社長のやり方に、疑問も持っています。薬のネット販売を主に考えている彼は、不動産のような「どっしりしたもののネット化」を得て、更なる薬のネット販売を考えています。こんなに多くの調剤薬局があるのに、そこで受け取るようにすれば薬剤師によるダブルチェックが出来ます。

まさに賛否両論の意見が飛び交う中で、国土交通省はトラブルがあっても被害が比較的軽い「賃貸の契約」と「法人間の売買契約」に限って、テレビ電話での利用を認める方針のようです。結論が早くて、会議のための会議でないという国の方針が形になっています。内心、少々驚いています。

現行の不動産取引は、宅地建物取引主任者が重要事項に関し「対面」で説明し、「書面」を交付することが求められています。確かにアパートマンションなどの単身者用物件に関しては、本社の総務とか社宅代行会社が間に入っていて、法律の求める「対面説明」は、引っ越し当日になることもありました。

正直なところ社宅扱いの法人契約では、契約の主体が法人ですから法人に説明すれば足りるように思いますが、われわれ仲介業者は実際の入居者にも説明することを常識としています。だからインターネットを活用した重要事項説明という、いわばウルトラCを考えついたのです。

ところが消費者にとっては便利なシステムになる一方、電子メールによる重要事項説明や契約書のやりとりの際、送り先を間違えて悪意の第三者が受取、個人情報などをネットに流出されてしまうなどの危険性も、指摘されてきました。手付金を指定口座に振り込んだら持ち逃げされたなど、心配は山積しています。

また説明する宅地建物取引主任者の身分が本物かどうか、宅建業者の免許が本物かどうかなど、出来ないと考える反論の数が多いように思います。また業界の体質でもありますが、ベテラン業者になるほど、若者のインターネットを活用した重要事項説明など片腹痛い事の一つです。

しかし過去にも小欄に書きましたが、住宅ローンの現場では既に同様の傾向がはっきりしてきています。イオン銀行などのネット専業銀行では、借り手と融資担当者が一度も対面することなく、何千万円もの大金を融資しています。指揮は、司法書士に委ねられています。

また売買取引にあっても、投資家が都心のワンルームマンションを購入する場合など、むしろ物件を見る投資家は少ないのが現状です。そういう意味では、既に現場では、ネット取引に近い実態が出来あがっています。大きなトラブルになった話しは、専門誌上にもありません。

登記も、電子申請が定着しています。こちらはプロ(司法書士)対プロ(法務局登記担当官)だから心配ないと言われていますが、もっともネット上で発生するリスクは、プロでもアマチュアでも同程度の確率で起こり得ます。

権利書も、今では様変わり。私も今でも違和感はありますが、だんだんに慣れてきています。ネット取引解禁の不安は、「慣れ」が解消するのかも知れません。むしろ解禁が、不動産市場の活性化に繋がる可能性が高いと言えると思います。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2822 |
| 社長日記 | 09:04 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑