■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2016年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3142117
今日: 117
昨日: 1570

ライオンズクラブ100周年記念事業薬物乱用防止講演会
12月3日(土)14時から高松市伏石町の「Laなら別館絆」において、ライオンズクラブ国際協会336-A地区4R4Zゾーンチェアパーソン奈良茂子ライオンが、ゾーン内6クラブを巻き込んで表題の講演会とパレードを開催しました。パレードは恒例になっていますが、その前の講演会は初めての試みであります。

今年はアメリカのシカゴで、世界最初のライオンズクラブが誕生して節目の100年を迎えています。世界中で記念のイベントや、記念のレガシー〔遺産の意〕を作るように、国際協会から熱心な働きかけがあります。本日のこのイベントも、その一環であります。



会場にはこんぴらライオンズクラブ所属の地区ガバナー真鍋隆ライオンと4Rリジョンチェーパーソン田村雅宥ライオン(小豆島ライオンズクラブ)と環境保全・保健福祉・アラート委員池田亜葵子ライオン(高松中央ライオンズクラブ)がライオンズの来賓として臨席しています。地元住民も参加しています。

講演会では、高松南警察今里交番から若いおまわりさんが来て、資料を見ながらわかりやすく「危険ドラッグ」の恐ろしさを説明していました。自分で使って地獄へ落ちるのは自業自得とも言えますが、家族や周辺住民に、ましてや交通事故で第三者へ加害するようになると、もうこれはみんなで薬物乱用防止策に取り組まなくてはなりません。

また危険ドラッグに手を染める若年者層も、高校生から中学生に及び、最近では小学生に乱用防止の啓発講演をするように言われています。そのための薬物乱用防止教育認定講師養成講座が、来年2月に開催されます。大勢が受講して、地元の小学校へ講師として行くように指導がなされています。



また四国に1台だけの「薬物乱用防止キャラバンカー」も、このイベントに合わせて琴平キャビネットから駆けつけています。バスの中には、子供用のクイズや情報がコンピュータ画面に映し出されています。またプリクラもバスに常設されていて、こども達に大変な人気になっていました。

パレードの後には、同じ所ですがレインボー通りのイルミネーション点灯式が行われました。この付近は土地区画整理事業で誕生した区画で、歩道も含めた40㍍の市道は「レインボー通り」と呼ばれて、家電・スポーツ・スーパー等の大型店舗が群れをなして林立しています。



そこに奈良茂子ライオンが中心となって、6年前からイルミネーションを仕掛けました。年々歳々賑やかになって、今年は新しいシンボルに200万円を投じたと豪語していました。高松冬のまつりの後継がここになるとも思えませんが、高松市内の新しいポイントに成長したのは間違いないことです。

タヒチアンダンスと『オリエント☆アドリバー』の生演奏が、堅い講演の前にありました。時間の関係で僅か2曲でしたが、最後は「情熱大陸」。これは手拍子で、会場は大盛り上がりでした。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3610 |
| 社長日記 | 08:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
松山大創部9年で全国女子駅伝制覇の続報
10月30日の小欄で紹介した表題の件を、産経新聞が11月30日(水)のスポーツ欄で紹介していました。やはり結果は指導者次第と私は言いたいのですが、時間は経過しましたが、記事から少し拾い読みしてみます。

松山大チームを率いる大西崇仁監督(47)は、06年4月に松山大に着任し、08年6月に女子駅伝部を立ち上げた。同大会には9年連続で出場し、10年以降はシード権を失ったことがないという。

順風満帆のように見えるのですが、選手勧誘においては今なお苦労が尽きないという。監督は、「断られぱなしで去年も今年も40連敗ぐらい」と嘆く。創部以来、門をたたいた全国高校総体の入賞経験者はわずか2人しかいない。

選手勧誘は思い通りには運ばなかったようですが、デメリットばかりではなかったという。部員は1学年最大で5人。一人一人ときめ細かくコミュニケーションを取ることが出来るのは、少数精鋭だからできるとも言える。

また学生アスリートでありながら、地元メディアから大きな注目を浴びるのも地方ならでは。全国区で活躍する選手らは地元では有名人で、町のあちこちで市民から激励されるそうだ。

「応援されたら、もっと強くなろうと思える。それが彼女たちの心を育んでくれる」と大西監督は感謝している。創部以来自己ベストを更新しないで卒業した選手は、これまで皆無だそうです。

「地方でも出来る、と言うところを見せてやる」。大西監督は女子駅伝部を立ち上げた当初はそう考えていたのだが、今では「地方だから出来ることがある」。いまは何の世界でも、中央対地方の構図はなくなりつつある。高松と松山は同じ四国の地方都市。バトミントンの「高松コンビ」ではありませんが、共に切磋琢磨したい。

先の小欄はここをクリック

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3609 |
| 社長日記 | 10:07 AM | comments (0) | trackback (0) |
盛和塾西日本地区忘年例会2016
12月1日大阪のホテルニューオータニで、西日本地区の塾長忘年例会が開催されました。毎年大阪と東京で、忘年例会が開催されて、盛和塾塾生はどちらかの参加が認められています。つまり、両方の参加は、残念ながら認められません。高松だと、普段は東日本忘年例会へ参加します。

この忘年例会は、塾長講話が中心となります。本日は「企業における自己革新―京セラの新製品開発を通じてー」と題して、企業の新商品開発の有無について、塾長の考え方の示唆がありました。京セラも、創業から10年はもがき苦しんだ毎日でした。

1つの商品に頼っていれば、来年がないという危機感から、想像も出来ないような新しい商品の開発にトライします。出来る出来ないの、選択肢はありません。出来なければ、京セラという組織は崩壊し、約束した従業員の雇用は守れません。やるしかない状況に追い込まれて、出来る方法を模索します。

そんな創業早々の京セラの商品開発の話から、第二電電の創業、さらに日本航空の再建まで、世間は色々言うのですが、稲盛和夫塾長は終始一貫「偉大な人物の行動の成功は、その手段よりその人の心の純粋さによる」と説きます。清らかな心、純粋で美しい心がベースにあれば、上手く行くというのです。

その後の乾杯の挨拶でも大阪塾の稲田二千武氏が、経営は一見矛盾したようなところがある。利他の精神と良いながら、一方では税引き前利益を売り上げの10%以上にするという部分も、この一見矛盾に思えることの一つです。しかしその両方を追求できなければ、経営者として失格です。

私もこのところ柄にもなく悩んでいましたが、今日の稲盛和夫塾長の話を聞いて、肚が決まりました。何のためにこの世に生まれて、人間として生かされて、何を残すか。人の営みとしてみれば、私の人生などはちっぽけなものですが、されど人生です。

稲盛和夫塾長の本日の塾長講話、今の私には天の声でした。ありがとうございます。ところで懇親会の冒頭ですが、ピアニスト作曲家松永貴志さんの演奏がありました。テレビ朝日の22時「報道ステーション」の頭で流れている音楽、あれを作曲して自ら弾いている人です。

もちろん最初の曲はそれで、何も言わずに弾き始めて、会場は驚きの中で静まりかえり、力強いピアノの旋律が流れます。私もこれを番組(報道ステーション)の冒頭に聴いていましたが、今風の「合成音」だと思っていました。生で聞かされて、なるほどと納得しました。

かれは、1986年生まれで30歳。17歳でメジャー・デビュー。「彼のピアノは世界を驚愕させる」とまで言わしめるピアノ演奏。今日の塾長例会の設営チーム、「神戸塾」と「播磨塾」の底力を感じました。氏は東京で活動しているようですが、出身は宝塚だそうです。

会場は大阪城公園近く

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3608 |
| 社長日記 | 10:16 AM | comments (1) | trackback (0) |
有明アリーナ建設に民活を良いじゃないですか
アリーナとは、古代ローマの円形劇場内の闘技場のこと。一般には周囲に観客席のある競技場・演技場のことを言います。アレナとも言うそうです。東京オリンピック・パラリンピックの、バレーボール競技会場の候補に挙がっている有明アリーナに、音楽業界から民間の資金によって会場を建設する案が浮上しました。

21世紀のアリーナとしても、良い案だと思います。公共の箱物(建物)を作るのは、公共団体だと決めつける考え方は、もう古い。板橋区の池袋に建設された区庁舎も、民間資金の投入で出来ている。民間が建設したものを、板橋区が長期間に亘って賃借するシステムです。

この方法だと板橋区は賃料の支払だけで、メンテナンス費用や解体費用負担から解放されます。これからの大規模鉄筋コンクリート造の建物は、解体費の捻出も初期計画に入れておくべきです。おまけに、建物の固定資産税・土地計画税も徴収できます。

このスキームだと、体育館としての使用より稼働率が確実に高まります。運営管理費が赤字という見込みも、大幅に改善し黒字経営になると思います。どうでしょうか、昨日新香川県営体育館のことを書きましたが、私の構想ではまさにアリーナです。体育競技だけでは、せっかくの立地が勿体ない。

先の民間活力の利用は、すでに国土交通省から地方都市における不動産の証券化事業として推進されています。民間が建設したものを、長期間に亘り定額で賃借してくれれば、このスキムは成り立ちます。昨年高松でも計画しましたが、結果は頓挫したままです。

ましてや先の有明アリーナであれば、横浜アリーナの例を持ち出すことなく、大都会でのアリーナですから、五輪後の使用も十分見込めます。このような採算計画により、レガシー(遺産)といえる施設が出来ると思います。使われない施設を、決してレガシーとは呼ばない。

東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は、有明アリーナの建設決定を小池百合子東京都知事がクリスマスまでの決定延期を申し出たことに怒り心頭のようでしたが、森さんの考えは20世紀型の政治スタイルです。もう既に、小池流の政治スタイルを国民は期待しています。

議論を公開することによって、多くの国民が関心を示します。私はこれを「見える化」と言っていますが、既得権者には面白くない現象かも知れません。とじられた空間での談合が、私利私欲を産みます。

そして更に言うなら、印刷機の誕生でフランス革命など多くの変革があり、次はラジオなどの拡声器が、選挙を引っ張り、やがて大新聞やTVなどのマスメディアが主役になり世論をリードしてきました。小池百合子東京都知事も、その一人でしょう。

さらに21世紀はマスメディアから、フェースブックやラインなどのソーシャルメディアに移りつつあります。まだ足元ではマスメディアが強そうですが、韓国の例からも、国民はソーシャルメディアの利用を重視し始めています。自由な書き込みがなされることから、誹謗中傷もあるようですが、少なくても連絡告知には最適な道具です。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3607 |
| 社長日記 | 09:15 AM | comments (0) | trackback (0) |
新県立体育館をサンポートに建設
香川県教育委員会は28日、新県立体育館の整備について、高松市のサンポート高松に建設する方針であることを明らかにしました。サンポート高松の、北の端の一部市有地も含めての開発になるようです。高松市も建設誘致をしていて、用地問題は解決すると思われます。

有識者で作るつくる検討委員会が、5千席以上の固定客席や公共交通機関のアクセスに優れる場所への整備を求める報告書を今年5月にまとめていた。県教委は全国高校総体が予定されている22年末までに整備する方針だという。現在県立体育館がない状態から、1日も早い整備が望まれる。

計画案では、メインアリーナはバスケットボール3面、バレーボール4面のコートが確保出来る広さ。そして観客席は、可動式を含めて5千席以上、またコンサートなど大規模なイベント開催時は仮設椅子を配備するなどして席数を増やす。

またサブアリーナは柔道をはじめ、地域のスポーツ大会が開催・観戦できる規模を考えているようです。メインが3350㎡(約千坪)、サブが1800㎡(約500坪)で計画されています。駐車場もサンポート高松周辺の地下に、広いのがあります。
イベントの際には、東には、県営立体駐車場もあります。

決定は、なんと言っても交通の利便性です。高松で一番交通アクセスの良い、公共の場であると言える。イベントにしても、新幹線のない町には「ありえない」という時代から、中四国の結節点だという位置は、箱物を作るに必要不可欠なものです。昨今の中四国の交通アクセスが良いのは、高松―岡山となっている。

また同時に考えるのは、かねてより生島町の野球場には香川県の船をサンポートから出せば良いと思っています。ピストン輸送で、球場までの一本道路問題を解消できる。逆を使えば、県西から来る観戦者は、生島球場に車をおいて船で来ればサンポート高松の混雑は大幅に解消されると思う。

私は、新県立体育館の新設を高松市のサンポート高松に建設する方針は素晴らしい決定だと歓迎します。便利なところに作らないと、持ち腐れになってしまいます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3606 |
| 社長日記 | 02:12 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑