■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2014年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2300832
今日: 1142
昨日: 1036

平成26年度宅地建物取引主任者試験が終わりました
関係者以外全く興味がないという、実にマニアックな資格試験の一つです。「宅地建物取引主任者」としての試験は、今年が最後です。長年の希望としていた士業入りが、名称変更という実に玉虫色の政治決着で実現しました。名称変更は来年の4月から、従って今年が最後の「宅地建物取引主任者試験」です。

来年からは「宅地建物取引士」となり試験が一段と難解になるとの思惑からか、今年の受験申込は全国で23万人を越えましたが、反動で例年以上に受験率は下がりました。受験料が7千円ですから、取り敢えず申込をしておけと意気込んだ猛者も、受験日が近づいて、「もう止めた」という残念な結果になった人もいたのでしょうか。

過去の数字を覗いてみると、
申込数  /受験者/合格者/合格率/合格点
H22年度228,214人 186,256人 28,311人 15.2 % 36点
23 231,596人 188,763人 30,391人 16.1% 36点
24 236,350人 191,616人 32,000人 16.7% 33点

そのためか、受験者数は18万人程度かと思います。合格者数が3万人弱。合格率16%程度と私は推定します。明日になれば、各機関から正誤表と、予想合格点が発表になることでしょう。常識的には35問(全50問中)出来ていれば、今年は合格だと思いますが、私もまだ試験問題はみていません。

本日は試験監督者の一人ですから、試験開始の13時以降は問題に触れることも出来ましたが、本日はその気もなくて、全くの門外漢です。試験会場本部で、担当者の動きをひたすら注視していました。今年はさらに、派遣業者に委ねるというスタイルにかわり、変な感じです。

裏事情を少し披瀝すると、宅地建物取引主任者資格試験は、都道府県知事が、国土交通省令の定めるところにより行うこととされています。昭和63年度から、国土交通大臣が指定した指定試験機関(一般財団法人不動産適正取引推進機構)が、すべての都道府県知事の委任を受けて実施しています。

香川県においては、一般財団法人不動産適正取引推進機構の委託を受けた公益社団法人香川県宅地建物取引業協会が、公益事業の一環として、試験業務を司っています。過去には、宅建業者が自ら試験監督者として臨場していましたが、専門性を要求され続け、今では専門化した派遣業者に手伝って貰っています。

正式な試験発表は、12月3日(水)です。これまで2年間の実務経験がある者は、直ちに登録して、「宅地建物取引主任者証」が貰えます。実務経験がない者は、「登録実務講習」を受講するとによって、2年間の実務経験と見なすとされています。今年度から、諸般の事情から私も再度、今度はLEC講師に駆り出されることになりました。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2831 |
| 社長日記 | 10:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
第21回高松秋のまつり仏生山大名行列は明日19日
第21回高松秋のまつり仏生山大名行列が、本日正午から始まりました。地元仏生山町最大のイベントです。どうやらこの週末は、天候にも恵まれそうです。少し寒くなりましたが、19時から秋花火でした。打ち上げ場所が近いもので、自宅からみても十分迫力があります。



明日19日(日)は、コトデン仏生山駅前から小学生らの飛脚大会をはじめ、大名行列絵巻が繰り広げられます。13時からスタートします。1.5㎞を2時間かけて到着地点の仏生山公園までのぼります。町内に「おなりおなり」のかけ声が流れます。行列のうしろについて、町内を堪能して下さい。

途中に休憩処も用意しています。仏生山コミュニティ協議会(仏生山公民館)では、トイレの使用も出来ます。また仏生山公園内では、朝から各種団体のバザー飲食コーナーや、フリーマーケットも開店しています。石のステージ催し物も、午前中行われます。

明日は、秋の晴天のもと、仏生山町は大勢の見物客で賑わうことでしょう。仏生山町の賑わいの再創を目指す私も、心ウキウキする一日です。とは言いながら、本日は同時に、宅地建物取引主任者試験日です。試験会場の統括責任者として、私は香川大学工学部会場に詰めます。

これも1年間掛けて、いや数年挑戦している猛者もいます。宅建業者の資格として、これがなくては一人前とは言えません。弊社社員も数人受験するようですが、社内で選考試験を重ねて、選抜者が受験します。自由にすると、また各店舗が休業になります。

受験生諸君、今日までの努力の成果を答案用紙に書き出して下さい。夕方には、模範解答が出ます。答えはどこかへメモしておくと、来年の計画が決まります。幸運を祈っています。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2830 |
| 社長日記 | 09:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
REG(Real Estate Group)10月例会2014
REG(Real Estate Group)は、香川県不動産同友会が正式名称ですが、和製英語らしからぬネーミングです。30数年前の発足当時は、香川県不動産青年同好会でした。当時の若者宅建業者が、20名程度で立ち上げたものだと聞いています。私ももう、古株層に属するようになっています。

この会から、公益社団法人香川県宅地建物取引業協会役員を多く輩出しています。支部本部役員への登竜門とも言われていました。結果的には、7代故植本義明会長、9代石原和夫会長、現職の10代日下雅彦会長。副会長も安野公尚氏、久保喜治さんらがいます。

最年長は久保喜治さん85歳、次がチャーターメンバーの槇野正男さん。そして川田義孝さんから私の順でしょうか。会歴となると、槇野正男さんから私でしょう。最近は新入会員も、口コミで増やしています。女性会員がいないのが、唯一の難点です。

またここ数年は、徳島の若手宅建業者群TREIN(Tokushima Real Estate Information Network)との交流が盛んです。来月は初めての合宿例会を、兵庫県淡路島で開催を予定しています。徳島のトレインは、女性会員もいます。昨今は、むしろ女性がいない方が奇異に感じます。

今の会長は佐野観右(佐野不動産)氏ですが、任期1年で次が川田剛さん、疋田陽介さん安野彰一さんと内定しているというのです。これが強みですが、任期1年は、私も会長をしましたが、あっという間の期間です。2月が総会です。そして、業界の役員人事が落ち着くのが6月です。もう後半戦へ突入しています。

本日の研修は、「信託に関する研修会(四国司法書士法人)」でした。即今は、成年後見制度が実務で使えないとして、契約時の自由意思の確認が、より厳しく言われています。認知症やその予備軍への手当が求められるところです。

信託も、信託業法の変更で、「民事信託」と呼ばれる形態がこれまでの「商事信託」と肩を並べるようになってきました。本日の聞き手は宅建業者ですから、「民事信託」を上手く不動産有効活用へ生かせるかどうか、真剣に聞き入っていました。

信託に関しては私も重要視していて、来月11月11日(火)13:30から、3地区合同研修会を開催します。宅建業者や民事信託に関心を持つ人は、米田淳さんの解説をお聞き下さい。会場は、高松市林町の香川県産業頭脳化センターです。西側に臨時の駐車場も、開設します。





| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2829 |
| 社長日記 | 09:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
高松栗林高松屋島LC合同例会2014
確か昨年の合同例会は、欠席したと思います。屋島LCとの例会は、久しぶりです。毎年この時期に、合同例会をしています。今年は屋島LCの例会設営です。従って金曜日、高松三越レストランでと決まっていますが、10月から何と例会日を金曜日から木曜日に移したというのです。

7月から始まった新年度の途中から、例会曜日を変えるのは極めて異例です。しかしそれを楚々とやるのが高松屋島LCです。今期が記念すべき認証50周年です。そのため内部充実に腐心しています。本日も田渕保己会長自ら、新入会員を募り、入会式もやりました。美しい女性会員の誕生です。



屋島LCも、その昔女性会員は招聘しないと豪語していました。これは親クラブの栗林も同じでした。現在栗林は女性会員が5名、ところが屋島さんは7名と言うからこれまた驚きです。また男女若い会員さんが増えています。そこに会長経験者の池田正ライオンが、出席委員長として例会出席を促す電話をしています。

老若男女が、見事に融和していますね。長老格も波多野敬四郎さん秋山滋さん浅田博さん多田昌弘さん山田さん阿河實三さん安西芳朗さん岸正勝さん多田昌弘さんら、まだまだいらっしゃいますが、メンバーの仲の良さは地区一番でしょう。

加えてとても驚きました。テーブルを挟んで斜めむこうに、まなべ眼科クリニックの真鍋洋一先生がいました。聞くとライオン歴は5年ほどあるのに、例会はほとんど欠席だったそうです。私もはじめてです。存じあげていたら、手術のことも、もっとフランクに聞けていたのに。



真鍋洋一先生は何と眼科医でありながら、MBA(経営学修士)資格を取得しているとか、ドクターになって経営学もあるまいにと思うのですが、「経営は難しい」と真鍋ライオンは言います。開業後も勉強をしている真鍋洋一先生です。流石、どことなく違った威風堂々の姿勢です。

高松屋島ライオンズクラブ認証50周年記念イベントが始まっていますが、取り敢えずこれからの協力の第一段として、11月3日(月)祝日のお茶会は外せません。高松屋島ライオンズクラブの茶会は、高松城玉藻公園披雲閣で行われます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2828 |
| 社長日記 | 10:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
黄斑円孔閉鎖手術から8日仕事復帰から2日目
1週間の休養後に仕事を始めましたが、不自由かと問われると、不自由ですと答えざるを得ない段階です。やはり術後2週間程度の時間が、完治まで必要のようです。手術をした右目の上半分は、ガスが抜けて見えますが、下はガスがたまっています。ガスとは言いながら、水のように感じます。

現にジャンプしたり、頭を動かしたりすると、目の中の水が動きます。これが抜けてしまう頃に、網膜の孔がふさがるというのが成功のシナリオです。従って下を向いてパソコンのキーボードを操作すると、水が覆い被さってかすんでしまいます。

しかしその円は、徐々に小さくなっています。こんな状態で、車の運転を控えています。ある意味これが一番の不便かもしれません。明日は定休日で、一般社団法人香川宅建の理事会があります。夜は、高松屋島LCとの合同例会もあり、コトデンで行くことにしています。

客先へは社員さんと一緒で、こちらは理解を得られやすいのですが、かみさんに告別式会場への送迎を頼むと、こちらは難儀します。これまでに3回の通院がありましたが、こちらもお願いしています。

告別式は、これまでも知ったら行くことにしています。手術の翌日も、一般社団法人香川宅建高南支部現役会員のお別れも行きました。流石にこちらは緊張しましたが、式中に下を向いているのは自宅療養スタイルと同じですから、こちらは楽でした。今日も告別式へ、参列しました。

勿論目の手術は初めての経験ですが、どこまで視力回復が出来るかまだ答えが出ていませんが、これまでのところは、大成功だと思います。医者は勿論この点を強調しますが、視力の回復は1.0以下と言いますから、中成功かなと総括しています。

今暫く視界も狭くて、ぼけてもいるので出会い頭に認知が出来ず、失礼もあるかと思います。その点は、どうぞお許し下さい。今後も慣らし生活が暫く続きます。たった1週間の療養期間でしたが、帰ると疲れて早くから寝ています。日常が如何に大切かを痛感しています。

来週の上京は、新幹線予約に変更しました。かみさんに誘われたイタリア旅行もキャンセルしました。勝手に予約しておいて、損失補填を要求されています。生命保険契約で、入院がないのにもかかわらず保険金が出そうです。来週は社員さんが祝い会を開いて下さるそうです。保険金の行き先は、既に確定しています。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2827 |
| 社長日記 | 09:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑