■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2018年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 645597
今日: 1173
昨日: 1528

明治150年何がめでたいby伊藤智永毎日新聞編集委員
正月6日の朝刊に、伊藤智永毎日新聞編集委員のオピニオンが掲載されていた。なぜだか切り抜きをして、会社の机の片隅に置いていた。不思議と、捨てられないそのタイトルだった。実は、「明治150年」を言い出したのは、安倍晋三首相である。

戦後70年にあたる2015年8月(2年半前)、山口県に里帰りした際、明治50 (大正7) 年は長州軍閥を代表する寺内正毅(てらうち まさたけ)、100年は叔父の佐藤栄作が首相だったと紹介し、「私は県出身8人目の首相。頑張って平成30年までいけば、明治維新150年も山口県の安倍晋三が首相ということになる」と語ったらしい。地元でのリップサービスか、本気か。

明治50年の1918(大正7)年は、シベリア出兵が始まり、初の大規模大衆闘争である米騒動が広がった。お祝いどころか、明治国家体制の曲がり角である。シベリア出兵には、後の日本軍の弱点が集約されている。大陸侵略、かいらい政権工作、虐殺、逐次出兵、撤兵の遅滞、戦争目的と戦意の喪失、国際的孤立・・・。

日清・日露の戦争を軍国明治の栄光とすれば、退廃と迷走と挫折はここに始まった。護憲運動がさかんであった当時にあって、寺内内閣は政党員からの入閣がない超然内閣(非立憲超然内閣と呼ばれた)であったが、マスメディアはこれを「非立憲(ヒリッケン)内閣」と称した。あの可愛い「ビリケン像」に、寺内正毅の顔が似ていたことから「ビリケン宰相」とも言われた。

明治100年の1968(昭和43)年は、高度経済成長真っ盛り。大学紛争もあったが、暮らし向きが豊になって米騒動の広がりはない。佐藤首相は、沖縄返還で戦後に幕を引こうとしていた。明治維新を青春物語として享受する歴史の消費の仕方は、大衆の欲望が支え、今や一種の国民説話になっている。歴史もまた民主化され、世俗化するのだ。

このあたりの文章は、今ひとつわからないので今日まで延び延びになっていたのだが、最後に吉田松陰のくだりは、わかりやすくて驚きだった。吉田松陰は、明治維新の主役を数多く輩出した陽明学者だが、尊皇攘夷の先に海外侵略の必要を説いている。これは、知らなかった。人には陽と陰、表と裏があると言うが、吉田松陰とて人の子だった。

「蝦夷を開墾し、カムチャツカ・オホーツクを奪い、琉球を参勤させ朝鮮を攻めて朝貢させ、満州の地を割き、台湾・ルソンを収め、漸次進取の勢いを示せ」だった。弟子たちの明治日本は、師の予言をなぞった。北海道開拓、樺太領有、琉球処分、台湾・朝鮮植民地化、満州事変、フィリピン占領。誤った先見性に、息をのむ。

明治維新は偉大な革命だ。でも美しい物語では、核・ミサイル、慰安婦問題で袋小路にはまる明治150年後から先を照らし出せない。安倍晋三首相の座右の銘は、吉田松陰の「至誠にして動かざるもの、これいまだあらざるなり」。「晋三」の名は、松陰の松下村塾の門下生だった高杉晋作から付けられた。

山口宇部空港には、「平成の薩長土肥連合」と書かれた看板があるらしい。鹿児島(薩摩)、山口(長州)、高知(土佐)、佐賀(肥前)4県が観光客誘致で協力するためのものだという。「勝てば官軍」、明治維新で日本は世界へ目を向けて、今日があるという説は一面正しいが、それだけでもないというのをわれわれも知るべきだ。

全国の原子力発電所17カ所54基の大半が、賊軍地域に偏っているのも、靖国神社に祭られる功績者はどこの誰か、明治150年せっかくの機会だからこの1年、今一度歴史を振り返ってみたい。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=4021 |
| 社長日記 | 09:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
相続寺子屋四国1月定例会
隔月の奇数月、高松で開催されている「相続寺子屋四国(偶数月は四国中央市で開催)」の1月定例会の案内が、出来ました。これまでは、私からも個別に案内をしていましたが、手間が大変で、今回はここ「会長日記」に掲載して告知とさせて頂きます。宅建業者及び周辺ビジネスの方も、小欄をご覧になっていることから、手を抜いて案内しています。

1月はお知らせ書の通り、寺子屋を主催している「NPO法人相続アドバイザー協議会」の平井利明理事長をお招きして、「事例から見る相続アドバイザーの実務」について講演を頂きます。参加費は無料ですが、準備の都合で、FAXを頂くことになっています。ご協力を御願いします。

会場はサンポートホール高松53会議室、サンポートホール棟5階であります。2時間弱の講演の後、質疑応答をして、その後は有志だけでコンパを開催します。参加自由ですが、受益者負担で御願いしております。果たして、ここで本音が聞けます。相続に関する「どろどろとした魑魅魍魎の話」は、表の時間ではなかなか語れないことも多くあります。

相続案件の相談というか案件処理は、現場の経験がどうしても必要になります。つまり法律通りに処理できにくいところに、共通の問題があります。民法の規定では、相続分割は均分相続が原則です。その家ごとの諸事情を、法律は考慮しません。すべては相続人の考え方のなかに解決策があるのですが、そのアドバイスをわれわれ「相続アドバイザー」がして差し上げられるかどうか。

遺産に係る基礎控除額が、不動産価格の下落などを考慮して4割減額されています。そのために課税になる案件が、全体の4%から10%程度に増えると言われています。亡くなった方10人に1人は、相続税を支払うことになります。

私のお薦めする一番の相続対策は、親と同居することです。居住用小規模宅地の軽減特例として、自分の所有する家を持たないで、親の家に同居すると、相続財産である親の家が8割減の評価になります。相続税軽減策は、財産を減すか、貰う人を増やすか。

仮に相続評価5千万円の家であれば、この特例の適用を受けることが出来れば1千万円の評価です。仮に私が死んで、かみさんと息子2人が相続するとなれば、基礎控除額は4,800万円ですから、小規模宅地の評価減の特例は、実にありがたい親孝行者への大きなプレゼントです。

本音で話が出来る機会は、そう多くはありません。互いの持つノウハウをさらけ出し、生々しい話を聞いて、勇気も持とうではありませんか。参加希望者は、必ずFAX下さい。





| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=4020 |
| 社長日記 | 09:17 AM | comments (0) | trackback (0) |
皇后杯第36回全国都道府県対抗女子駅伝
年末年始にかけて、各競技の全国大会が開催されていて、スポーツ観戦ファンは、にわかに評論家になる。今日は、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、フルマラソンと同じ42.195㎞で女の戦いが行われ、兵庫が14年ぶり4度目の優勝を果たした。9区の間に、中学生区間(3㎞)、高校生区間(4㎞)を設けた工夫が施され、抜きつ抜かれつのシーソゲームで面白かった。

意味なく見ていても、目線はどうしても県人の走りに集中する。香川県勢はこのところ、昨年の41位をはじめ40位ラインキープの成績が続いていたのですが、今日は頑張って30位で完走しました。29位でアンカー勝負になったのですが、流石アンカーは実力者がひしめき合っていた。ここは最長の10㎞区間。

また隣県に目を向けると、岡山が4位入賞、16位高知、19位が愛媛と30位香川、徳島が36位と大いに健闘した。香川は目標に掲げた7年ぶりの30位台復帰どころか、20位台へもう少しで手が届くところまで頑張った。29位の岩手との差は41秒差、もう少しで20位台。

終わってみれば、昨年は9区間のうち、5区間あった区間40位台が1区間もなかった。社会人は、今治造船所属選手が4区間で走り、特に6区大谷くみこさんは区間9位に入って、全体の25位まで押し上げた。また1区の関野茜(今治造船)さんは、15位でバトンを2区岩川侑樹(今治造船)さんへタッチして、彼女も16位の走りをした。

全体的な視線で俯瞰してみれば、4区4㎞区間の広中璃梨佳(長崎商高)さんの走りが、際立っていた。わずか4㎞だが、1㎞を3分9秒で走っている。社会人男子のトップランナーにも負けないペースで、これには驚いた。実に流れるような、綺麗なフォームで勿論区間新記録だった。

この大会で、年末年始のすべての全国大会が終わったと思う。勝った人負けた人、いろいろだと思いますが、更なる研鑽を積んで次の勝負に挑戦して下さい。この試合でも、活躍した選手は2020東京オリンピックへ出場するかも知れない可能性を秘めている。楽しみにしています。ご苦労さまです。ありがとうございます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=4019 |
| 社長日記 | 09:48 AM | comments (0) | trackback (0) |
ラグビートップリーグ決勝でサントリー激闘2冠
ラグビーの日本選手権をかねたトップリーグ決勝トーナメント最終日は13日、東京秩父宮ラグビー場で行われ、決勝ではサントリーが12-8でパナソニックを破り、王座に就いた。3位決定戦は、ヤマハ発動機が28-10でトヨタ自動車に勝った。

強いサントリー、パナソニックも後半試合終了前に追い上げたが、司令塔のSOバーンズの抜けた穴を埋めきれず、サントリーが日本選手権とトップリーグともに勝ち、ともに2連覇を達成した。高校、大学とラグビー決勝戦を見たが、やはり社会人はうまい。

昨年の覇者サントリーは、それなりにプレッシャーもあったと思う。追われる身は辛い。勝って当然のように言われるし、昨年並みと言われるためには、優勝しかない。一方パナソニックも、司令塔のバーンズが試合開始10分で負傷退場し、フランカのポーコックも頭を打って後半の出場なし。

オーストラリア代表キャップを持つ二枚看板を失ったパナソニックは、試合プランが大きく崩れた感じがした。後半は何度も相手陣内に攻め入ったが、ラインアウトでの連携がかみ合わず、また密集でのボールの獲り合いにも負けた。やはり二人の不在は、歯車を狂わせた。1トライで追いつく試合の、「次」が出なかったパナソニック。

サントリーは、勝つにしても世界基準に合わせて過酷な練習をしたと聞く。残念ながら世界ランクで日本のラグビーは、10指に入るかどうか。確かに体格にも大差があって、オーストラリアやニュージーランドの選手と比べたら見劣りがする。しかし体格差はあるが、それを理由にしていたのでは、いつまでも勝てない。

考えを「世界」と決めて、日々精進するのとしないのでは、大きな差がつく。野球・サッカーなどでは、日本人が驚くほどのレベルアップをしている。やはり一番は、考え方だと思うのですが。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=4018 |
| 社長日記 | 09:37 AM | comments (0) | trackback (0) |
四国初香川県下で鳥インフルエンザ殺処分終了
香川県下で、ましてや四国で初めての鳥インフルエンザが確認されて、香川県はこの養鶏場とさぬき市内の系列養鶏場の養鶏9万1千羽の殺処分を終えた。鳥などの移動が制限された半径3㎞範囲にある他の養鶏場では、遺伝子検査で鳥インフルエンザのないことが確認されています。

政府は12日、さぬき市の養鶏場で確認された「高病原性の鳥インフルエンザウイルス」への対応を協議するため「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を首相官邸でひらいた。菅義偉官房長官は、「政府一丸となって感染拡大防止のため、万全の態勢を取ってもらいたい」と要請した。

この問題はあまりにも大きいので、小欄ではこの程度の記載に留め、経過を注視したいと思います。早く沈静化することを、「焼き鳥ファン」の一人として、祈念しております。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=4017 |
| 社長日記 | 09:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑