■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2014年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2113012
今日: 83
昨日: 649

元気にしていた宮本嘉二さん夫婦
仙台へ来ました。本日は、ライオンズクラブ四国地区の年次大会ですが、朝からJALに飛び乗って、羽田経由で仙台入りしました。お天気は良いのですが、やはり少し寒いです。髙松のいでたちですから、寒く感じるのはごく自然。その分桜は、今が満開です。

さくら前線とは良く言ったもので、九州四国はもう花が散っています。これから東北北海道は、真っ盛りです。18時から全宅管理業務企画委員会が、JR仙台駅前で予定されています。その前に、宮本嘉二に無理を言って石巻から仙台まで来てもらいました。運転手付です。でないと呑めません。

宿泊予定のホテルの一角に、イタリアンレストランがあり、息子とここで食べたというので、入りました。驚きましたが、生牡蠣が美味しいというので牡蠣を注文したのですが、宮城県雄勝の牡蠣とか、女川の牡蠣とかあります。1年前に買い求めた雄勝硯は、雄勝産です。それではと、雄勝の牡蠣を注文しました。

香川県下でも、西の詫間町あたりでは牡蠣も養殖していますが、サイズが違います。ここのは大きいですね。2つも食しました。宮本が牡蠣には白ワインというので白を頂き、その後は赤ワインを頂きました。お腹の中で、ロゼになっていることでしょう。

小欄でも何度も書いていますが、人の暮らしの中で必要な衣食住と言われていますが、やはり1番は住宅です。宮本嘉二も被災者の一人ですが、幸いなことに住宅被害が軽微で、元の生活に比較的早く戻っています。次は仕事です。やはり仕事がなくては、元気に夢を持って前へは進めません。

彼は仕事も、被災の翌年には新工場を建設し、奥さんを経理に、兄夫婦ともに元のように働いています。私も彼の立ち上がりの早さには、驚きましたが、前へ行くしか選択肢はないと思っていました。

福島県内の放射線量が高いところへは、一人10万円の補助金が出ているそうですが、5人家族の世帯で毎月50万円になって、父親はパチンコ三昧とか。これでは茹でガエルになってしまいます。人間がカエルになっては、いかんのです。

やはり仕事が、必要です。また有難いことですが、仕事の量は、被災前と同じレベルに戻りつつあるようです。魚関係の仕事ですから、手放しでは喜べませんが、立ち止まって考え続けているよりは、私は彼の選択が素晴らしいと思います。

彼を見ていると、教えられることが数多くあります。私も2人の子持ちですが、彼同様、孫はいません。まだ子供のことが心配な、よく似た境遇です。しかし、被災者の宮本嘉二に比べたら、後継者がいることは有難いことです。また今日の宮本嘉二は、雄弁でした。テニスも復活したようです。元気が一番です。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2642 |
| 社長日記 | 02:09 PM | comments (0) | trackback (0) |
高知黒潮ライオンズクラブ再び来る
明日のライオンズクラブ国際協会336-A地区年次大会参加のため、本日髙松入りしました。明日の年次大会の前夜祭「日韓交流会」は同時開催、記念ゴルフは朝からおこなわれています。盛りだくさんの、年次大会です。今年のキャビネットは、高松にあります。明日は早朝から、公式行事が予定されています。

昨年高知黒潮ライオンズクラブと、髙松栗林ライオンズクラブは友好クラブの締結をしました。お互いのお友達が、四国の中に出来た訳です。地区外の友好クラブが存外多いのですが、同じ地区内に友を持つことは、これまではなかったことです。

髙松栗林ライオンズクラブにしても、岡山後楽ライオンズクラブや島原ライオンズクラブ、金沢兼六ライオンズクラブが友好クラブですが、いずれにしても地区外です。過去は韓国台湾など、遠いところが望まれたのかも知れません。各クラブが結成50周年を超えて熟成してくると、やはり近場が真の友だと学習したのかもしれません。

本日は当初予定の参加者の倍近くが集まり、参加者に窮屈な思いをさせましたが、それだけ近い濃い関係が醸成されたと思います。高知黒潮ライオンズクラブはこれで3度目の来高です。名前と性格とクラブ内での存在位置が分かってきました。

知れば知るほど高知の人は、ストレートですね。呑むのは当たり前ですが、呑ませ方も上手です。食事をしながら、酒を飲み交わしながら、うどんも食べて、また呑んで、心洗われるひとときでした。高知黒潮ライオンズクラブの皆様ありがとうございました。それ以上に、駆けつけてくれた髙松栗林ライオンズクラブのみんな、ありがとうございます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2641 |
| 社長日記 | 09:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
生活保護不正受給過去最悪190億円
昨日の続きです。今仲清税理士主催の税務ビジネス研究会は、今回で第189回とさりげなく書いていました。毎月開催として計算しても、16年近くの数字になります。実際はもっと長い期間継続されているのだと、感嘆します。継続は力でし、成長につながります。

今仲清税理士から頂いた資料の中に、厚生労働省は3月3日2012年度の生活保護費の不正受給額が190億5,372万円、件数にして4万1,909件に上ることを公表したとあります。またこのような事態に対応するために、平成25年12月6日に生活保護法が改正され、扶養義務者に対する報告義務が課せられ、また、不正受給に対する罰則が強化されました。

生活保護費の中には、生活扶助、教育扶助などがありますが、その内生活扶助は、最低生活費から収入を差し引いた額が支給され、東京都区部で高齢単身者(68歳)なら月額8万140円、母子世帯(30歳4歳2歳)なら19万410円が生活扶助基準額となります。

厚生労働省によりますと、昨年10月時点での生活保護受給者は216万4,338人。受給世帯は159万4,729世帯と発表されています。世帯人口1.3人ですから、お母さんと一人っ子世帯ですか。

このような状態の中で、直系血族、兄弟姉妹及び3親等内の親族で、家庭裁判所の審判を受けて扶養義務者となった人に、支給額をあんたの稼ぎや資産から返納しなさいと命じることが出来る措置です。市町村などの官公庁にも、紹介が出来、回答義務が規定されました。

つまり生活保護を申請すると、その人の直系血族や兄弟姉妹に処分する資産があるか収入があるか問合せ、該当する人があれば、生活保護費の支給をせず、可能な人が生活費を負担するように指導することになります。

このような動きは、平成28年1月1日からスタートするマイナンバーの下準備です。税は公平に納税すべきで、富裕者から奪い取るというのも如何なものか。人以上の努力をして稼いだものは、一身専属なものであるし、納税にも限度があります。マイナンバーは知らないところでも、準備は進んでいます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2640 |
| 社長日記 | 08:38 AM | comments (0) | trackback (0) |
26年4月税務ビジネス研究会は税理士法人今仲清事務所主催
昨年暮れでしたか、26年の政府税制大綱が発表になり、その解説を聞くために大阪に来ました。その時は、今仲清税理士と坪多晶子税理士の掛け合いトークでした。場所が大阪だけに、損はさせません。お客様(聴衆生)を、飽きさせません。お代分以上に、きっちり分かりやすく解説してくれます。

そもそも税制とは、わかり難いものと相場が決まっています。逆に言えば難解でなければ、税制にあらずみたいなところが散見されます。私も全国区レベルの税理士先生を何人か存じあげていますが、この今仲清税理士も間違いなくそのなかの一人です。

私たちが感じる一流というのは、税制に精通しているのはもちろんのこと、話し方や例示も重要な能力です。加えて、資料の作り方も聞く者を引きつける要素になっています。よくご存知なんだが、喋りが下手という人も超一流とは言われません。

税務ビジネス研究会は、毎月第2木曜日に開催されているようですが、幾ら暇な私でも毎月は参加できません。過去に何回か来たことがあります。中百舌鳥会場へまで行っていました。今回は第189回です。今年から場所は、難波御堂筋ホール1会場になっています。

さてほんの少しだけ、本日のエキスをご紹介します。(1)略(2)最近の税務判決・裁決を読む・・・その対応策と題して、「中小企業課税強化か?マイナンバー続報」今仲清税理士は総じて安倍政権を高く評価しています。世界的に注目されているのが日本国内の「法人税の引き下げ」の実現です。

そこで6月の経済財政諮問会議に向けて、政府税制調査会で法人税率引き下げのための財源をどうするかと問題になり、一案として同族会社の役員給与の増税が検討されています。麻生太郎財務大臣のように、儲かっている企業が少ないから法人税率の引き下げをしても意味がないという発言は幼い。安倍晋三首相に、まだ暫く頑張って貰いましょう。

世界の税制はつながっています。消費税でも、25%の北欧より日本はまだまだ消費税の上げ幅があるとか、関係ないような比較も財務省は持ち出します。EUの動きも、ここへ来て中国の景気も中国国内の金融引き締めも相まって減速しています。

日本も財政赤字と貿易赤字という2つの赤字で、大変です。財務省は法人税引き下げには消極的ですが、しかし安倍晋三首相は引き下げの実現に強い意欲を示しています。日本の企業が、日本からいなくなっては、民が困ります。人口が減少し、工場や企業が海外へ流出すれば働く場もなくなります。

政府税制調査会の法人税課税専門委員会の太田弘子座長(政策研究大学院大学教授)は、3月12日の初会合で、「法人税の引き下げが必要である」と宣言をしました。その財源の1つとして、同族会社のオーナー一族への給与を上げています。

個人法人なりで、「給与を法人税では経費にした上で、個人所得税から給与所得控除を引いてしまう。従って一人オーナー会社というか、個人事業者の場合に、法人で経費扱いにした給与は、給与所得控除の対象にするな」と言うのです。2度の控除は、引きすぎだという考えです。

不動産保有会社や不動産管理会社を利用した節税対策として、広くおこなわれていることの内容を指摘している訳です。法人税の実効税率が引き下げられると、少なくても個人で一千万円以上の所得をあげておられる方にとっては、法人なりによる節税効果は大きくなるわけで、より一層法人なりによる節税対策を実行する人が増加します。

私は知らなかったのですが、過去には企業の内部留保金が課税されていたのだと聞きました。当然今は内部留保金に対する課税はありません。稲盛和夫塾長が言われるように、企業は利益をあげて半分納税して、さらに半分を内部留保金として備蓄してまさかの際に備えます。

これに課税されたら大変です。先ほどの逆で、二重課税です。流石に愚策は、今はなりを潜めています。しかし財務省は、虎視眈々と増税を狙っています。結果的には、金持ちからとるしかないと言われていますが、あすこの続編をお送りします。生活保護受給者とマイナンバーの関係です。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2639 |
| 社長日記 | 08:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
花見と髙松北支部総会
最近の新しいエレベーターは、降りる階を間違って押しても、間違った階の点灯しているボタンを2度押し(ダブルクリック) すると、選択が解除になります。つまり取り消しが出来るようになっています。シカゴ塾生が教えてくれました。ここヒルトンシーホークホテルでは、彼の言うとおりでした。知らない私は、ビックリしました。

昼までに帰り着きたい私は、朝食を抜いて、これはこれで何の問題もないのですが、勘違いしてチェックアウトをしないまま、ホテルからのバスに乗ってしまいました。ここでも塾生となんだかんだと話していて、全く気づかぬまま、髙松まで帰っていました。明日は定休日ですから、明後日振り込みます。

またここでも新発見ですが、東京都内で使っている非接触式電子カード「スイカ」がここ福岡のバスでも使えました。これは便利です。乗り込む時に機械にタッチし、降りる時にまたタッチします。JRや地下鉄などと全く同じです。全国統一になると非常に便利になるのと同時に、事前に入れるお金も増えることでしょう。

さて今年のわが社の花見は、私がバーベーキュが良いというもので、会場を探しあぐねて、断られながら、町内の某所になりました。法然寺二尊堂の火事の記憶も、提供する側にはあります。もちろん社内の行事ですから、後片付けは問題なくやりますが、仏生山公園もバーベーキュは禁止です。来年は考えます。若者の意見に従います。









花見を途中で抜けて、香川県宅建協会高松北支部の総会へ急ぎます。高松北支部の支部長は、日下雅彦協会会長です。日下雅彦会長の祝金を私が預かり、本日持参しました。本来これだけの仕事ですが、来賓挨拶もさせて頂きました。桜の下の日差しがまぶしくて、日焼けをして顔が赤いとばれていました。

議案は予定されていた原案が採択されて、日下雅彦支部長が再任されました。これで新年度香川県宅建協会の会長は、ほぼ日下雅彦会長に決定です。しかし県下12支部で、交代する支部長も何人かいて、いろいろな意見が出そうです。わが高南支部でも、今年から立候補制にして、選挙投票にしました。

昨今は特に若者の支部役員のなり手がなくて、どの支部も若手育成に苦労しています。それでいてベテランが再登場する治部もあるようです。確かに損得を言えば、支部役員やその先の本部役員など、得なところはないでしょう。お金にしても時間にしても持ち出しです。

しかし業界の地位の向上(脱脱口入師)という私の持ち続けている理念からすると、誰かが今やらねばなりません。確かにそれが私でなくても言い訳です。それであっても誰かが今やらなければ、折角の大きなチャンスですから。業界の歴史が変わるぐらい、大きな潮目時です。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2638 |
| 社長日記 | 01:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑