■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2015年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2616722
今日: 384
昨日: 1001

昼はへたな講師夜は受講生
昼から、一般社団法人香川宅建高南支部研修会で、講師をしていました。講師と言っても、支部長が私で聞く方が身内ばかりの研修会です。その分ここでは、本音が話せます。「宅地建物取引士」の誕生で、色々な研修責務などが増えてきています。

正直大変だなと思うのだが、反面やりがいも出てくる。私は親孝行だと思ってこの業界に身を置いたつもりが、「口入師(くにゅうし)」と蔑まれて、それから私の常態は「脱口入」になりました。その戦いの、私にとって終盤の活況(悪あがき)へ突入という感じになってきました。花火大会の、フィナーレのあのドンドンです。

3年ほど前から「インスペクション(中古住宅現況検査)」のシステムをはじめて、今では県下1,000社の宅地建物取引業者(不動産業者)が、それを使うことが出来ます。建築士資格を持つ専門家が、現況を見て報告書を書いてくれます。勿論有料ですが、ほとんどの場合売主が負担します。

「自分の持つ建物の今の状況は、報告書の通りです、どうですか。」と売り出します。それを見た買主が、「分かりました。買いましょう。しかしシロアリ駆除だけはお願いします。(問題がなければそのまま)」となります。そうなんです。シロアリ点検と、住宅履歴も付いています。

不動産流通業界のブラックボックスの中身の見える化、オーバーな言い方ですが、「(新築より)安い中古住宅は当たり外れが大きい」。しかし「はずれ」をひいた買主は、たまったものではありません。一生に1度か2度の住宅購入で、はずれたらその後の人生をも狂ってしまいます。

そんな反省を学習して、中古住宅の見える化に取り組んだのが、インスペクション(中古住宅現況検査)です。それに加えて私は、境界確認作業を土地家屋調査士、要するに土地の境界確定や測量のプロに頼むことを売主へ働きかけています。不動産価格が下落している中で、売主へさらなる負担を掛けるのは忍びないと言う意見もあります。

反面相続財産などでは、現所有者は、親から貰った不動産の例えば境界とか、建物の状況などは全く分かりません。売主全部が相続人ではありませんが、専門家の第三者の確認(担保)があれば、売主としても安心です。それが、20万円程度で出来るなら、考えようでは安いものかも知れません。

また、「空家等対策の推進に関する特別措置法」も話しました。「危険家屋等」だと市町村から認定を受けた「特定空き家」は解体を「勧告」されます。従わなければ、市町村による代執行もあるとされています。また50万円の過料も、決められています。

これまでは古家が残っていれば、「土地」の固定資産税が安くなっていました。建物は恐らく価値がなくて、20万円以下の非課税でしょう。この制度が古家の除却を妨げているとして、「勧告」と同時に建物があっても土地の固定資産税は、3.6倍に跳ね上がります。来年1月1日から、こうなると思います。

さらなる不動産業界の激震は、国土交通省が打ち出した、建物の基礎・躯体のランクを、AAAランク(長期優良住宅)で100年、AAランク(劣化対策等級3相当)で75年、Aランク(劣化対策等級2相当)で50年、Bランク(昭和60年以降の旧住宅金融公庫融資住宅相当で40年、Cその他で30年と新たな指針が示されました。

これは、大変大きな方向転換です。これまで日本の木造家屋は、20~30年で価値がなくなるとされていました。建築業界のみならず、金融界でもこの数字を鵜呑みにしていました。高度経済成長時は、スクラップ&ビルド(壊して建てる)である意味都合が良かった。しかしそんな時代は、もう20年も前に終焉しています。

ここへ来て、不動産業界は「当たり前を当たり前に」する準備が整いました。ここから一気呵成にさらなる10年間をひたすら走る、そこには文字通り士業としての「宅地建物取引士」の存在が、クローズアップされていることでしょう。

加えるなら、そこには専門技術のほか人格も求められます。人格は、夜の盛和塾香川の自主勉強会へと続きます。稲盛和夫塾長の話しを真に受けて、それをひたすら実践していたら、まっとうな人間になれるようです。

夜は、香川塾生3人の「わが経営を語る」でした。3人さんようで大変興味深いものでしたが、特に三宅務(㈱三共機械工業代表取締役)塾生の話は、驚きもしましたし、成長したなと感動もしました。置かれた逆境を乗り越えていく逞しさ、学ものが多い自主勉強会でした。赤松靖則さん、瓦町駅まで乗せてくれてありがとう。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3144 |
| 社長日記 | 09:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
格安航空会社LCC成田発高松空港
2日目「ジェットスター」の復路です。昨日は高松空港から成田空港まで。そして今日は、その逆です。東京駅丸の内で打合せを終えて、少し早いとは思うのですが、成田空港直行のバスに乗ります。ここで成田空港行きのバスが、2ルートあることを知りました。

昨日の3,100円は、空港リムジンバスでした。焦っていたのでその当たりの経緯は分かりませんでした。東京駅八重洲南口バスターミナルから、1,000円成田行きバスが出ています。予約もできますが、およそ20分間隔で運行されています。並んで、車内で現金かICカードで支払いが出来ます。

1,000円バスは、JRバス関東とジー・トランセグループの共同運行です。勿論後で知ったことですが、往路のジェツトスターの機内で乗務員から買うと、900円だそうです。予約無しで900円で乗れるとなると、この移動方法も有りです。成田空港から都内へ入るには90分くらいかかりましたが、逆は60分でした。

だから格安バスは、「1時間1.000円で東京駅」とうたわれています。確かに鉄道だと所要時間は45分程度と短いのですが、特別料金鉄道だと3,400円くらいかかります。3,100円バスは価格競争力からは劣りますが、1,000円バスだとコスパーからも有りですね。

羽田空港から都内への移動は、ある程度熟成したと感じていますが、成田空港アクセスは、まだまだ未完成と言えると思います。成田空港も、格安航空会社LCCとの接続で全国各地からトランジット客を集めれば、もっと賑やかな国際空港になると期待が広がります。

成田空港周辺にホテルも多く存在しますが、ホテル前にはコンビニとラーメン店だけという環境です。よく言われる滑走路不足も、急ピッチで拡張しないと、中国韓国にまたまた離されます。一坪農家の役割は、もう終わったのではないですか。

成田空港は、可愛そうな空港ですが、格安航空会社LCCの乗り入れで元気になるかも知れません。そのために建設された第3ターミナルです。空港ビル特有のギラギラした物が、ここにはありません。建物自体も、アメリカの空港カウンターを収容する建物のよう。

機内は往路と同じエアバスA320ですから、変わりませんが、一般席はやはり座席の前後が狭くなっていますが、足の短い私には、ノートラブル。機内販売は、写真のように有料です。有料なら要らないという人が多いのですが、ビールやワインを飲んでいる人もいました。帰りはホッとするから。

私も250円のジュースを、試しに買いました。CAのネームは、ファーストネームが書かれています。私の周辺を管理するのは、「きょうこ」さん。男性も1人搭乗しています。後ろのトイレに近い席が数席、空でした。その他は埋まっています。

肝心な料金ですが、正直なところよく知らないのですが、印刷物には高松片道4,999とありました。往復で1万円ですか。やはり格安であることは、間違いないようです。格安航空会社LCCも使いようです。毎月看護介護で帰省している、幼なじみもいます。ざっと4分の1ですから、有難い。


てへっ

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3143 |
| 社長日記 | 08:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
初フライト格安航空会社LCC「ジェットスター・ジャパン」
勇気を出して、「ジェットスター・ジャパン」GK410成田行きに搭乗しました。予約はパソコンから自分でしたのですが、実際予約が入っているかどうかの確認が出来ません。指定された電話は、「混雑」を理由に繋がりません。

24時間対応というので夜中にも入れましたが、夜中でも繋がりません。日本以外でも飛んでいる「ジェットスター」ですから、時差を考えると24時間対応が当然。ホームページからも、「予約できていますか」とメールを入れてもなしのつぶて。

仕方なく1週間前のついでの時間に、高松空港へ行ってみました。フライトの時間以外は、何とカウンターに人がいないのです。それでなくても若干の心配を抱えているところに、連絡がつかないというアクシデントは、利用者のマインドを下げます。

こうなれば出たとこ勝負だと意を決しながら、それでも最後の手を使ってみました。日頃私は高松空港で、「スピードパーキング」を利用しています。高松空港ビル前でマイカーを預けて、高松空港へ帰って来た時に出迎えてくれるシステムです。

いまのオーナー亀山さんは、2代目さん。御尊父からの仕事です。料金も他と比べて、遜色がありません。ホームページが充実しています。ホームページから予約を入れると、返事が返ってきます。私はもう10年近く使っています。これはお薦めです。

「亀山さん、悪いけどジェットスター・ジャパンカウンターで予約を確認してきてよ」。何か20世紀のプロペラ機時代の話しのようですが、これから先、格安追求のためにはこんなシステムが多くなるのでしょうね。パソコンを使い込んだ人はテレビ通販より、有利な条件で似たものが買える時代になるのでしょうね。「予約ありました」。

高松空港へは、いつもより早く行きました。カウンターで、女性から身分証明を求められました。良かった機械でなくて、言葉が通じました。プリントアウトしたものが渡され、搭乗ゲートと搭乗時間等が記されています。勿論自分の名前もそこにあります。

ところが、早速のアクシデント。持ち込み荷物の総重量が、7㎏までで、私の荷物は7.8㎏でした。減らせと言うので、お土産の似顔絵瓦せんべいを外しました。すると6.5㎏になりました。2つ入れてあったので、1つ戻したらギリギリ6.8㎏程度になりました。

東京へ行けない可愛そうな瓦せんべいは、さきの亀山さんへ差し上げました。荷物も預ければまた違っていたかと思いますが、成田空港で時間の余裕がありません。身につけていないと、さらに不安が募ります。

ここまではフライト前に書きました、飛行は順調でした。非常口横だったので、前後間隔が広い座席でした。機内販売には手を出さず、ほとんどが購入していない。購入は現金かなど、興味のあるところですが、復路は有料販売に参加します。機種は、エアバスA320だと思います。出発が遅れて、到着も10分ほど遅れました。

A320から、タラップを降ります。雨ですが、濡れることなく建物に入りました。それからが長い。長いとは聞いていましたが、確かに時間の余裕は必要です。途中のトイレは1箇所、やがて荷物のターンテーブルが回っているところを横切り、飲食ブースに出ます。

成田空港からのアクセスも心配です。鉄道舎人ライナーがあったと思いますが、今日は東京駅直通1時間、1,000円バスを予定しています。出てすぐのところに、チケット売場があります。鉄道とバス、選択制になっています。

ここでこの先の、乗り継ぎを選択します。鉄道に並んだり、バス券売場に並んだり、よく分かりません。途中で、東京駅1,000円の看板に気づきました。混んでいたので比較的空いている3列目に並びました。何とここは東京駅まで3,100円のチケット売場だそうで、いまから5分後出発便があるという。

乗り遅れたら、「次の便に変更するから」とやさしい説明。歩いて6分と言うから、やはり走りました。成田空港も何度か来ていますが、羽田空港のようにはいきません。途中でチケットを見せながら、聞きながら、3番へ到着。何と格安航空会社LCC専用の第3ターミナルからは、そのバス私1人でした。

その後少しは乗りましたが、それでも数人です。バスは快調に高速道路を走ります。地下鉄半蔵門線「水天宮前」に止まるというので、東京駅を前にして、降りてみました。行き先は、半蔵門線でも行ける「永田町」駅です。食事もしたいが、ままならない。

結局「永田町」の会場入りが、5分遅れました。いろいろ経験した初めての格安航空会社LCC体験記です。こんな経験を40年前(20世紀)に経験したように思います。あれからこっち、慣れで横着こいている自分がいます。




| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3142 |
| 社長日記 | 08:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
県内欧米人観光客50人に聞きましたと父親の53回忌
今日8月25日は、父茂の53回忌だし先に小欄でも紹介した世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」の誕生日だそうです。安藤百福氏が、はじめて商品として販売した記念日だそうです。暑いこの時季に、ラーメンです。冬の繁忙期を意識したのかどうか、興味深いところです。

父茂の53回忌ですが、私はとんでもない親不孝者で、気がつくのが遅くて50回忌法要ができずじまい。熱心な親孝行者と読者が勘違いするのも申し訳なくて、懺悔しておきます。親父が死んだ日はもうズーと前の話で、よくは覚えていませんが、蝉の啼く今以上に暑いあの日でした。

私が10歳でしたから、大人になってからの親子の語らいは経験ありませんが、ただ唯一の「場」は、この墓場です。ここへ行けば親父がいるようで、愚痴は言いませんが、唱える独り言は、「なんまんなんまんありがとうなんまんなんまんありがとう」だけです。今日は花を手向けて、水素水を入れました。



さて数日前に、興味深いネタが四国新聞に掲載されていました。四国新聞社アンケートは7月に、「栗林公園」と「直島」を訪れた欧米人50人に聞き取り調査を行った結果であります。50人の国籍は、フランス10人、アメリカ9人、イギリス6人、スイス・オーストラリア各4人。

また少数ですが、東欧や北欧からの観光客もあったと報道されています。日本滞在は、2~3週間が4割ほどでした。東京や京都を巡るコースに、香川観光を組み込む人が多かったと。単独高松直行は、まだまだ先のようです。それには、何かが必要です。私は、長期間滞在型の宿泊施設だと思っています。

面白いことに、栗林公園での回答者の内9割以上が、金刀比羅宮や玉藻城などのほかの観光地を訪れていて、直島組の、「県内では直島しか行っていない」という観光客と一線を引いている。直島は、単独で客を引く力を持っていると考えられます。

来県するきっかけで最も多かったのは「口コミ」(21人)。香川を知る友達から、直島の現代アートや、国内有数の日本庭園の栗林公園を耳にしたケースが多かった。この数は、「雑誌・書籍」(16人)や「インターネット」(14人)より多かった。この結果も、意外であります。

YOU(外国人旅行者)が不便を感じたというのは、総数で23人。1に案内表示(12人)で、2は外国語での会話(8人)。「県内には英語が上手な人が少ない」との声が相次ぎ、飲食店や土産物店で店員とのやりとりに苦労している様子が浮かびます。

私も、「県内には英語が上手な人が少ない」と言われる1人で、最近は大きな葛藤を感じています。「会話」を1人で黙々やるのは何だか勉強みたいで嫌だし、少々のズレがあっても、組織としてやりたいと願っています。毎週東京への通学も考えましたが、6ヶ月となるとやはり踏み切れません。

仕事でどうしても必要な例えばホテルマンなどは、会社あげて取り組んでいるところだが、不動産業界はどっちかというと、仕事からはさほど必要を感じないのです。しかし街角で、大きなリュックを背にして地図に見入っているYOUに、本当は一言掛けてあげたい。

会話は習慣だから、少しやれば勇気が湧いて、継続すればそれなりに要領も分かろうに。来年の高松での瀬戸内国際芸術祭2016を控えているいま、2020年を待たずに首都圏ではYOUが溢れている。何とかしたいと、もがいている私です。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3141 |
| 社長日記 | 08:51 AM | comments (0) | trackback (0) |
公益社団法人香川県宅地建物取引業協会平成27年度第1回本部研修会
長い標題になりました。最近のテレビ欄にある、番組タイトルのようです。「温泉おかみの事件簿。有名女流美人作家は温泉宿でなぜ毒殺されたか。払拭できない作家の幼児期」などと同じように。標題も長いのですが、本日の講習会も長かった。しかし、なかなか聞きごたえのある内容でした。

①「人権尊重社会の実現に向けて」~まだ残る差別意識~県人権・同和政策課
②「空き家等対策の推進に関する特別措置法」の概要について   県住宅課
③「マイナンバー制度について」              県自治振興課
④「宅地建物取引士の使命と役割について」           県住宅課
⑤「重要事項説明・売買契約書の書き方」~特約文例のポイント~並木英司氏

以上のようなメニューでした。長かったのですが、公務員らしからぬ話しぶりで、どの人の話も退屈しなかった。そもそも公務員の話は、つまらないと相場が決まっているものです。お世辞なしに、今日の県庁さんはどれも良かった。

最後が今日の目玉ですが、講師の並木英司さんは、公益財団法人不動産流通推進センターの研修責任者です。全国津々浦々に呼ばれて、主に重要事項説明書やトラブル事例等の話をしています。この道のプロです。流石と行ったら失礼な話しですが、今日の話も大変興味深いものでした。

契約前に「重要事項説明」を、重要事項説明書を交付して説明する義務が、宅地建物取引士に課せられています。しかしこの内容も、時代と共に追加されて来て、法律自体は変わっていませんが、内容は随分変化していると感じています。それは、世の中の求めが変わってきているからです。

28日には、一般社団法人香川宅建高南支部で講師をする予定で、ほぼ原稿はできていますが、参考にさせて頂き、更に「儲け」にまで触れたいと考えています。勉強や研修は謂わば義務で、それは鞭です。それによって「儲けが付いてくる」という飴も必要だと私は考えています。

不動産の仲介(媒介)をする際には、物件調査をして、売情報の紙チラシとかWeb情報を出します。その時すでに、十分な調査をして登録することが求められています。正確に、購入判断を間違わないような情報提供が求められています。

本部研修は、明日も会場を丸亀に移して同じ内容で行われます。丸亀会場は、高松会場以上に熱心に聞いています。講師の並木英司氏にも、そのようにお伝えしています。宅地建物取引士に名称変更があって、研修会がこれまで以上に盛会になっていると感じています。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3140 |
| 社長日記 | 08:35 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑