■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前月 2014年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2115945
今日: 502
昨日: 598

消息不明のマレーシア航空機はディエゴ・ガルシアへ着陸した?
本当に久しぶりに、高松藤原塾へ参加しました。全国に10塾はありますか。塾長経済アナリストの藤原直哉氏の講演は、毎月国内のどこかで開催されています。それを私はデーターで貰い、CDに焼き付けて車の中で聴いています。面白いですね。またそのバックナンバーを欲しがる人もいて、情報を共有しています。

政治経済世界の情勢の分析が通常ですが、時には宗教から教育まで、生きていく中で必要な情報が詰まっています。今日の話の中で、最後の方で言われた「マレーシア航空370便」の失踪事件の顛末は、とは言いながら藤原直哉氏のあくまでも想像ですが、これは興味深いものでした。ここに紹介します。

一言で言うならば、あれはアメリカが仕組んだ陰謀説だと言うのです。2011.3.11のニューヨーク貿易センタービルへの飛行機の突入と同じ計画であったが、今回は失敗だったというのです。標的にされたのは、マレーシアのツインタワービルだと言われています。乗客の多くが中国人といのも、大いに関係があります。

高商紫雲会の真鍋健彦会長のご子息は、ANAの整備をしているそうです。マレーシア航空370便はボーイング777でしたか、世界で一番安定の良い機首だそうです。だから落ちないというのではなく、操作しやすい機種なのです。そしてエンジンは、ロールスロイス製です。これも大きなポイントとです。

当該のマレーシア機は北京行きであり、燃料は片道プラスα程度だと推測出来、人口衛星で見つかったと騒いでいる5千キロ以上離れているオーストラリア南方海域までの飛行は、燃料の絶対量が足りないのです。飛行機は、低空飛行だとジェット機の巡航高度の1万メートルに比べて空気密度が4倍で、燃費が極端に悪くなるようです。

クアラルンプールとインド洋中部のディエゴ・ガルシア島の距離は経度で10度違いなのでインド洋南部の半分程度と近く、低空飛行でも十分に辿り着ける距離にあります。しかもモルジブの住民が、赤いラインのある旅客機(マレーシア機)のドアが見えるくらいに超低空飛行しているのを目撃していたのであります。

ディエゴ・ガルシア島は英領ですが、アメリカに貸与されています。もっとも陸地から遠く離れたインド洋の孤島で、関係者以外は立ち入れない世界最高のハイテク要塞で、機密性はトップクラスにあります。

滑走路は4千㍍あると言われています。米軍は自国軍の消耗を防ぐ『自分が攻撃されない』安全な距離を保つことを何よりも重視しています。相手を攻撃しても、攻撃されない距離を重要視しています。これはイギリスからの移民が、インディアン(原住民)と闘った伝統的戦略です。

第二次世界大戦でのB29による東京大空襲や、ヒロシマ・ナガサキの原爆攻撃は、目標地から2千キロ離れたサイパン島やテニアン島だったのです。沖縄県の米軍基地の意味も、冷戦当時のソ連の極東(ウラジオストック)から2千キロ離れていたことが重要だったのです。

この2千キロメートルという距離は、またレーダーがカバーできる限界でもあります。もしも米国の仮想敵国が中国なら、沖縄は近すぎて不適当となります。危険過ぎて基地としては使えないのです。すでにアメリカは、辺野古は要らないと言っています。沖縄の海兵隊は解散の予定です。アメリカの仮想敵国は、中国です。

ディエゴ・ガルシア島着陸説は、最初は陰謀論者のたわ言かと言われていましたが、モルジブでの目撃証言が出てきたのにそれを主要メディアが見事に黙殺する一方、失踪機がたどり着くことがありえない豪州パース沖での物体発見とその報道のされ方を見ていると、ますますディエゴ・ガルシアが臭いと思うようになったという書き込みもあります。

通信系統は操縦席で切られたと言われていますが、先に書いたように、ロールスロイスのエンジンから、電波が出ていて、それは衛星にキャッチされていたのだそうです。マレーシア航空370便の代わりにツインタワーに突入するはずだった飛行機は、墜落しています。レーダーの死角を狙って、二機がすり替わる計画だったのです。

9.11テロ事件も、実際に突入した飛行機は、無線操作の代替え機だったと藤原直哉氏は言います。彼はフライトシュミレーションも、アマチュア無線にも精通しています。もちろんその腕前は、プロ級です。




| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2647 |
| 社長日記 | 11:09 AM | comments (0) | trackback (0) |
一般社団法人香川宅建監査会理事会入会審査会常務理事会
昨日は、一般社団法人香川宅建高南支部総会でした。日下雅彦会長によれば、7支部の総会が終了し、残り5支部の総会をまた明日から始まります。本日の支部総会はありませんが、10時より、標題の会議がぎっしり入っています。こちらは来月の本部総会への、資料づくりであります。

数年前からの法人制度改革のおかげで、旧香川県宅建協会は、(公社)香川県宅地建物取引業協会と(一社)香川宅建の2つに分かれて新旧がスタートしています。正直良くなっているのかどうか、久保喜治さんが言うように、必ずしも良くなっているとばかり言ってられないところもあります。

しかしだからといって、決まったルールの基本を変えることは、ある点では脱法行為にも該当してしまいます。分かりやすい現実としてよく言われることですが、規制改革でタクシーの台数は2倍になって、運転手さんの手取り(収入)は半額になったと言われています。

このような現実は、決して一過性の途中現象ではないと思います。過日報告しました、「戦後史の正体」孫崎享(まござきうける)でも赤裸々に書かれています。アメリカが今輸出できるものは、「サービス産業」だけ、特に「金融・証券・保険」業だと言われています。

会計制度もグローバルスタンダートと言いながら、訳の分からない(もちろん勉強不足に多くの原因があるのだが)制度になっています。日本の常識が世界基準の非常識のような制度、例えば建物賃貸借契約の「普通借家制度」を「定期借家権」などに変更するのは、押しつけられても導入すれば良いのです。

さて話しを戻しますが、総会は大変です。総会日が役員として、一番辛い日です。誤魔化しはありませんが、広範囲の質問に答えられないこともあります。昨今の不動産業界は、地価が下落し、家賃も下がっています。これらの価格にリンクした報酬規程ですから、当然われわれの収入も激減です。

そこで、新しいこれまで商品でなかった商品の開発をはじめた訳です。漁港に揚がった、これまでなら捨てられていた珍魚も、独自のルートで商品化するのと同じように、捨てていた物を商品化したいと考えています。しかしこれはこれからのことで、今年の総会は灯明が見えるものの足元は暗いというのが現状です。

私は自社も大事ですが、宅建業の裾のひろさ業務の深度など、どの点を取ってみても、社会的影響の大きい業界だと、業界のあり方のことがもっともっと大事だと思っています。まずは業界を良くする。そうすれば自社も必ずよくなると考えています。これが私の業界引退までの大きな宿題です。すいません高血圧気味で、思わず興奮しています。

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2646 |
| 社長日記 | 08:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
一般社団法人香川宅建高南支部総会とUさんKさんのこと
一般社団法人香川宅建の12支部総会が、粛々と続いています。支部長が交代したという情報も飛び交っています。12支部の全体の中で、4支部程度は支部長が交代するのではないかと言われています。支部の総会で、役員が交代するのは時の流れとともにさほど問題ではありませんが、追い出すようなことになれば禍根を残します。

わが高南支部も、本日が総会です。結論から言えば、松野誠寛が支部長に再選されて、新たな執行部が誕生しました。残念ながら、退任された役員さんもいますが、次へつないでいくのが現役員の仕事の一つでもあると考えています。退任されたUさん、長きに渡りご苦労様でした。ありがとうございました。私も次へつなぐ準備をはじめます。





| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2645 |
| 社長日記 | 09:01 AM | comments (0) | trackback (0) |
地区ガバナー松前龍宗氏に噛みつく佐久間勝会長
地区年次大会(総会)から二夜明けた本日、お疲れのところ地区ガバナー松前龍宗氏とキャビネット幹事平賀将則氏が、髙松栗林ライオンズクラブの第1236回例会にご臨席下さいました。年次大会で数多くのアワードを頂戴し、その伝達も例会でおこなわれました。これは異例なことです。

ところが佐久間勝会長が冒頭の挨拶で、松前龍宗地区ガバナーは通夜式などでまだお越しになっていなかったのですが、キャビネット幹事平賀将則氏の前で、12日の日韓親善国際交流の夕べでおきた、国旗騒動についてはっきりNoと突きつけたのです。

私はこの席におりません、高知黒潮ライオンズクラブとの交流会に参加していましたが、ライオンズクラブ国際協会にはプロトコルと言って、式典のルールがあります。そのルールに反していると、キャビネットの失態を堂々と批判していました。

「ライオンズクラブは大人の遊園地」というのが私流の解釈で、佐久間勝会長も「例会は楽しく」とスローガンで言っています。正式には、「みんなで楽しくウィサーブ」です。そのために批判の多い「家族会員」でも、いち早くキャビネット方針に従い、ガバナーの言われるとおりにしたではないかという自負心があります。

日頃おとなしい佐久間勝会長が、あれほどまでに激昂するのは、私も初めて拝見しました。背景には最初のガバナー諮問委員会で、「クラブ例会を楽しくする」という佐久間勝会長の発言に、「楽しいばかりでは」と松前龍宗地区ガバナーがだめ出しをしたとか聞いています。

私たち髙松栗林ライオンズクラブメンバーは、全員ではないかも知れませんが、吉村屹元会長の乾杯スピーチにあったように、「佐久間勝会長を全面的に支え、最高の会長だと思っている」という思いでいます。後もう2~3ヶ月です。キャビネット幹事平賀将則氏も大変ですが、頑張って貰いたいものです。





| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2644 |
| 社長日記 | 08:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
平成26年全宅管理(全国賃貸不動産管理業協会)第1回業務企画委員会
新年度初めての委員会が、佐々木正勝業務企画委員長のお膝元、仙台市の宮城宅建協会の会議室で開催されています。最初と言うより、最後の委員会と言った感じです。これから各県の総会を経て、全宅管理の新役員が決まります。予算的には新年度の予算であることから、第1回委員会なのです。

委員会は3時間予定されていましたが、最後はいつものように時間不足でした。特に本日は宮城宅建協会の松田英一会長はじめ、副会長田所照章氏、木川田明弘常務理事総務委員長、専務理事の赤木久一氏などの参加がありました。驚いたのは、財政委員長の牡渡正剛氏の登場でした。

真ん中牡渡正剛氏

彼は石巻の宅建業者です。明治大学の後輩で、被災者の宮本嘉二もよく知っています。彼とは勿論面識はありますが、役員をしていたことは知りませんでした。ここにいることに驚きました。私以上に、佐々木正勝業務企画委員長がビックリしていました。それはそうでしょうね。

本日の報告事項の説明を受けて、宮城宅建の役員さんに感想を求めたところ、どなたも驚いていました。私も少しは慣れましたが、最初はそのレベルの高さに度肝を抜かれたものでした。特に委員長は、もう12年間この全宅管理の成果づくりに邁進しています。

その他、私を除いた委員さんもベテラン揃い。自分の会社で使っているノウハウを持ち込んでいます。本当に入会したら今すぐ「賃貸管理業務」がはじめられるグッズが揃っています。さらに拡大成長している委員会です。私が取り組んでいる中古住宅流通促進でも、空き家の活用策で賃貸斡旋、管理業務のノウハウがどうしても必要です。

その先には相続人からの売り出しもあると予想され、その間はどうしてもつないでいく業務が必要となります。中古住宅を貸す人も借りる人も斡旋する側もよくなる三方よしが成立します。まさに宅建業者に求められている姿は、「御用達」の精神です。

ところで委員会で次ぎに目論まれていることは、退去時の原状回復ガイドラインに沿った立会業務のWeb化です。履歴も残るし、その場で貸主・借主の負担金が計算できるのが良いですね。その前にデーター入力とか大変な作業が控えていますが、1度入れたらその上から書き込みを重ねて行くことで常に最新版がそこにあります。

賃貸管理業は、ストックビジネスです。今年1千万円の稼ぎが、次年度はゼロとはなりません。捨て置けば900万円~800万円となるのですが、精進したら1200万円も夢ではありません。これをベースにすると、人材育成にもつながります。新入社員の採用も計画的に行えます。

過去からの歴史で、宅建業務は、言葉は悪いのですが当たれば大きい。しかしそれは本当の一過性のもので、来年の数字は読めないというのが当たり前。そのためか、宅建業者の乗用車はベンツをはじめ高級車が多い業界です。それでいて、若者が育たない業界でもあるのです。

民法改正の途中経過報告とか、実に実り多い委員会でした。私は用意された弁当を食べて、先に失礼します。国土交通省によって、次の案件の相談をします。仙台から東京まで、東北新幹線で2時間です。田中角栄元総理が提唱した「高速交通網」も来年で完成です。JR4者で新幹線技術を輸出する案は、頑張ってもらいたい。もう繊維自動車家電品が輸出商品ではなくなっています。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2643 |
| 社長日記 | 07:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑