■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2014年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2266432
今日: 585
昨日: 1036

オリジナルカオハガン島Tシャツが届く
カオハガン島の日本人スタッフの香織さんが、松野誠寛をイメージして作ったと言うオリジナルデザインTシャツですが、やっと本日届きました。「マツノさんの驚いた顔をネットに掲載して」というリクエストで、本日の小欄のネタはこれに決定しました。

カオハガン島では外貨獲得(オーバーな)のために、「カオハガンキルト」や「カオハガンTシャツ」や「原塩」などの土産品を島内で作っています。またセブ島観光客がクルージングとして昼間来島するために、海産物バーベーキューなども用意しています。昼食付きの、一日クルージングポイントの一つです。

土産品は確かに安くはありませんが、まさにオリジナル手作り品であります。
島のお土産として、私も数枚買い込んで帰りました。それを高松栗林ライオンズの例会で提供しました。原価3,000円と言う私の言葉に、確かに私からの寄付ですからクラブとしては原価ゼロかもしれません。

だからというわけではないのでしょうが、500円からのせり上がりです。これだと、落としどころはせいぜい1,000円か1,500円です。資金獲得作戦は、失敗に終わりました。提供した側から言わせて貰うと、3,000円が原価なら、せめて3,500円には値を上げてよ。

そんな私の心の動きをネットで見た唯一の日本人スタッフが、オリジナルTシャツづくりを申し出てくれました。届いた作品を見ると、彼女もその場にいたので、本人(周りにいた人にも勿論分かる)だけに分かる図案です。それと主人公の若々しいこと。これが私ですよ。

滞在日本人全員で、シュノーケリングに出た時の絵です。私が船の上で指示をして、海人君かお兄ちゃんが一生懸命写真を撮ってくれていました。まさかあの荒波に釣りはしませんでしたが、海の底には竜宮城があったのかも知れません。









私に、カオハガン島を知らしめてくれた湯川正。その湯川正を、カオハガン島へ誘った大和哲夫。その大和が若い頃、共に暮らし、面倒を見た見合いっこした下宿人の宮本嘉二。そうそう宮本が暮らす石巻も、ゲリラ豪雨に襲いかかられています。大丈夫かいな。

また近く、私の上京に合わせて「騒ごう会」を開いてくれるという「カオハガン友」。みんなみんな、ありがとう。別件ですが、今月23日の高商紫雲会総会の前夜祭に、46年卒、ほとんど初めての同窓会を予定しています。僅かばかりの参加者ですが、私にとってはこんなに嬉しい企画はありません。ありがとうございます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2794 |
| 社長日記 | 08:08 AM | comments (0) | trackback (0) |
全国賃貸不動産賃貸管理業協会総務委員会
全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)、今年初めての総務委員会でした。カウントでは2回目です、総会後に第1回委員会を開催しています。形式だけの第1回、しかし本日は慎重審議の2時間でした。私はこれまでの2年間は、同業務企画委員会に所属していました。

ここのメンバーは実務者で、仙台で大活躍の佐々木委員長をはじめ、管理戸数1万件でも原状回復工事をどうするかまで、実務に精通された経営者集団でした。2年間本当に、良い勉強をさせていただきました。役員任期は、2年間です。

その業務企画委員会で作り上げた解説書が、なぜかこの委員会に並んでいます。総務といえば、「その他総務」といわれるぐらい、何でもやるのが総務と私も心得ています。何があっても驚かない、それが総務委員会です。委員長は、交代して、鳥取県池上博行会長です。

副委員長は前期と同様、佐藤光代(福島)さんと小橋川恭順(沖縄)氏、両ベテランが陣取っています。私はいつものように末席ですが、隣は広島県の岡本洋三氏です。写真のような、豪雨災害の新聞記事を持参されていました。現地を知る人間から聞く事実は、迫力のあるものです。







小欄にも書きましたが、東海道山陽新幹線の車窓から眺める風景はよく似たものです。広島のみならず、どこでゲリラ豪雨がおこっても「あり得る」土砂災害です。過去にもその兆候はあったとのことで、近くに県営団地まで作られています。結果的には、天災プラス人災のようになってしまいました。

本日も北海道白老町や札幌市などにも、甚大な被害を及ぼしています。雷雨・豪雨がどこでおこるか予想が立たない状況です。レーダーで、短時間の予想は可能ですが、その発生メカニズムはわかっていません。日本全国津々浦々危険地帯と言えると思います。

話を戻して総務委員会の一番の仕事は、会員増強です。全宅連全国会員10万社が母体です。その10%加入、つまり1万社の会員を目標としています。現在は、5,700社です。香川県にあっては、1,100社を集めるようにいわれています。30社ほどの増強ですが、これはなかなか容易ではありません。

委嘱状伝達

これまでにも、賃貸管理業をやっている業者へは声がけをしています。なおこの路線を踏襲し、なおかつ相続案件を扱う際のツールとして、「賃貸管理業」を新たな戦術として身につけましょうと声かけしています。相続物件をとりあえず賃貸物件として、その後条件が整えば売却することが考えられます。

初めての管理業であっても、この全宅管理には実に多くのノウハウが詰まっています。佐々木委員長(現専務理事)のように、前身の賃管協から仕えて14年という先輩が作り上げたものがここには詰まっています。全宅連所属の宅建業者さんはみんな会員になれます。ほんの少しの入会金会費を払うだけで、遜色なく相続案件の仕事ができます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2793 |
| 社長日記 | 12:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
公益社団法人香川県宅地建物取引業協会坂出地区研修会
公益社団法人香川宅建には、12の地区があります。その一つ坂出地区(長尾昌治地区長)の研修会が、坂出グランドホテルで開催されています。私の下手な喋りにもかかわらず、この地区研修会には、よく呼ばれています。私の話の骨子は、「共同仲介」でともに稼ぎませんかと話しかけています。

本日は、「香川県下の不動産業界の未来と現実」と題した近況報告と、これからの課題と良い見通しの話をしました。香川県下の不動産業界の将来は明るい。一言で言うなら結論はこれです。ただし具体論では、問題山積、しかし解決できない問題ではありません。

最大の課題は、一昨年から試行錯誤で始まっていたインスペクションの実施休止です。インスペクションは建物目視検査ですが、中古住宅の仲介において、事前に建築士に建物検査をして貰い、現状の見える化をしていこうという仲介業務の付加価値、ある意味仲介業務のレベルアップです。

私も4年前には、「インスペクション」という英単語すら知りませんでした。しかし知れば知るほど、必要不可欠な作業だと気がつきました。むしろこれまで、中古住宅の仲介において、「あたりも外れもあり得る」と考えていたのが恥ずかしい限りです。なるほど中古住宅は、価格にそのリスクを込めています。

この「インスペクション」も、私の独り言の声の大きさも手伝って徐々に業界の知識常識となりつつあります。ここで再び仕切り直しで、別の組織とも提携をし、この「見える化」の路線を消すことなく推進していきたいと、今日は気分が良くて大風呂敷を広げてしまいました。

今月2日には、隣の丸亀地区(支部・加内雅彦地区長)でも、拙い話を聞いて頂きました。内容は同じです。これからの不動産業界の成長発展は、「相続」案件をいかに処理できるかにかかっていると訴えています。相続財産のうち、自宅を含めて不動産がその大部分を占める庶民の相続。

不動産、それも多種多様な不動産、例えばその所在地が坂出に自宅、高松に貸しアパート、青森に転勤していた時に購入した今は借家として賃貸している中古住宅が相続財産という人は多いと思います。また住宅があれば店舗もあるという具合です。

このように3つであれば3つとも処理できなければ、「他に相談する」となりかねません。中小零細企業一社では難しい課題ですが、国土交通省や業界とか、また全宅連などの組織として取り組むことも山積しています。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2792 |
| 社長日記 | 08:01 AM | comments (0) | trackback (0) |
法務局の証明業務が変わっていた
数年ぶりに、高松法務局へ出かけました。その昔、暇を見つけては土地の閲覧作業をしていました。事務所から半径2キロの地域密着とセミナーで教えられ、当時のことですから仏生山町内の17条地図をコピーし、それに謄本の情報をえんぴつで書き写していました。

今は電子情報ですから、バインダー一冊の閲覧など考えられない作業ですが、当時は良く通っていました。30年以上前の話です。当時からいたかどうかは定かではありませんが、顔見知りもまだいました。しかし業務は、時代と共に移り変わり、それでも偉そうに見えるのは、私だけでしょうか。

本日は弊社総務にかわり、法人の「履歴事項全部証明書」を取りに来ました。狭い駐車場にガードマンがつき、隣の高松高等裁判所からの駐車車両を追いだしています。「いるか」と思いますが、労働の機会均等ですから、「証明を取りに来ました」と告げて駐車します。

玄関入ったところには、10年前頃から始まった、「どちらへ」という質問と、入館ホルダーを受取、首から掛けます。高松でもサンポートの合同庁舎への入館は、用件等を書かされます。国の施設への入館は、本庁も出先もこのようなスタイルになっています。こちらは、ICチップが内在されています。

法務局の2階へ上がれば、ここの雰囲気も豹変しています。会社謄本(履歴事項全部証明書)や印鑑証明などは、機械で処理しています。この使い方も初めての私には、理解しかねることもあります。ためらって質問すると、「大丈夫」と言われ再挑戦。印鑑証明用カードが万能だとは、気がつきませんでした。

確かに機械が、法人カード(法人印鑑証明用)を読み込んでくれています。申請書を書く必要はありません。ただ市役所の住民票や印鑑証明等の出力と違い、その先は法務局担当者の手作業のようです。待ち時間は、紙申請と変わらなかったと思います。何のためかと考えますが、進化の途中と考えれば、これもありです。

手数料は、印紙を貼付して納めます。現金でも良いのではないですか。わざわざ窓口で印紙を購入して、担当者が持っている申請書に貼付します。申請者が書かなくても、やはり紙申請の書類が出ていました。手間暇かかって何と手数料は1通600円です。これは高くない。

感想ですが市役所絡みの証明書発行業務は、料金も発行場所も申請者の側に立っていますが、会社関係の証明は「未だ道半ば」。同時に不動産関係の証明も扱っていますが、現状はほとんどが在宅でコンピュータ申請になっています。それだけ残りの牙城が、堅いのかも知れません。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2791 |
| 社長日記 | 09:41 AM | comments (1) | trackback (0) |
贈与税非課税枠拡大して3000万要求~国交省15年度税制要望~
父母・祖父母など直系尊属から、贈与により住宅を取得した場合、住宅取得等資金に係る贈与税について、一定額が非課税となる現行制度があります。この措置は時限立法で、今年末に終わります。平成24年1月1日から、平成26年12月31日までの期限限定です。

年度末は当然3月末ですが、贈与に関しては暦年贈与(その年の1月1日から12月31日)の考え方から、お尻は12月31日となっています。しかしこの税制改正案が採択されるのは、3月末です。予算案の通過と同時に、法案も通過します。そしてその適用が、1月1日に遡ってというのが通例です。

これを3年間延長すると共に、現行の非課税枠(26年度中・良質な住宅1,000万円・一般住宅500万円)を3000万円まで拡大するように同省は要望しています。これは一見大増額のように見えますが、贈与年が平成24年の場合は、省エネ性または耐震性の高い住宅(良質な住宅)が1500万円でした。一般住宅が1000万円。

また平成25年は、良質な住宅1,200万円・一般住宅700万円で、26年については省エネ住宅などが1000万円、一般が500万円となって下がっています。これを一気に、良質住宅3,000万円まで拡大することを狙っています。景気拡大策でもあります。住宅建設は、旺盛な需要を生みます。カーテンから食器も新しくなります。

現在、60歳以上の高齢者世帯の4分の1が、3000万円以上の貯蓄残高を有しており、こうした高齢者の保有資産を住宅取得者層に移転させることで、住宅取得の負担軽減を図る狙いのようです。この数字は、にわかに信じがたいものですが、あるところにはあるというのは、私も理解します。

父母・祖父母など直系尊属から頂ける人は良いですが、私の知る限りにおいては、1,000万円以上の贈与が出来る父母・祖父母などの数は10%にも満たないと思います。しかし上限を上げるのは、私は大賛成です。ある人がやれば良いのです。そのための枠は、大いに拡大しましょう。

また空き家の除却・適正管理を促すため、土地にかかる固定資産税について必要な措置を講じる予算も計上しています。危ない傾いたような家屋も、解体すると土地の固定資産税の軽減がなくなり、最高6倍にまで跳ね上がります。これも何とかしようと考えています。しかし大判振る舞いの予算で、総額が100兆円を越えるのは異常です。

政府が9月に立ち上げる「まち・ひと・しごと創生本部」と足並みを揃え、人口減少と高齢化が進む地域に、生活サービスを集約する住宅政策「コンパクトシティ化」で地方再生を本格化するとしているのですが。

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=2790 |
| 社長日記 | 08:42 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑