■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2016年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3047475
今日: 1130
昨日: 1351

相続アドバイザー協議会相続寺子屋四国誕生
NPO法人相続アドバイザー協議会は、東京高田馬場で開催されている「相続専科20講座」をもう20年近く展開している組織です。最近は36期生も誕生している老舗のセミナー主催団体です。宅建士や弁護士・税理士など、士業も「相続」がおおきな職材になっています。特に、不動産が分からないという意見が多いのです。

日本人の財産の多くは、自宅を含んだ不動産です。つまり相続を征するには、不動産を知り使うことが出来るかどうかにかかっています。その点では、宅建業者は何よりの実務家です。現場を知っているから、多様な要望に応えられるのです。大きな強みを持つ者として、重宝がられます。

本日は、「相続寺子屋四国」設立に対する意見交換です。相続アドバイザー協議会からは、平井利明理事長がここ四国中央市までお越しです。「相続寺子屋」は、相続アドバイザー養成講座をすべて受講し、協議会へ上級アドバイザーとして登録をした人らが、全国で勉強会として立ち上げている学びの場です。

全国各地に広がっていて、東京や大阪だけでのブラッシュアップ研修のみならず、比較的狭い地域で組織されているものです。これまで全国に13の寺子屋があり、四国で誕生すれば14番目の組織になります。私は7期生ですが、四国内には20名の登録者がいるようです。愚息もこの中にいます。

その中から本日はここ四国中央市へ、香川県から3人、愛媛県からここ四国中央市に多くいますが、6名が集まっています。事務局は四国中央市の司法書士法人やまびこの進藤裕介さんが決まりました。どこで研修会をするかまだ決まっていませんが、高松と四国中央市はマイカーで1時間少し。

四国の研修会は車で移動となれば、ここ四国中央市のホテルグランフォーレが多いのですが、徳島や高知はたまた中国地方の岡山・広島を呼ぶなら高松となるでしょう。本日の構成員は、丸亀から女性弁護士が2名、司法書士が2名、宅建業者が2名、保険・FP(ファイナンシャルプランナー)金融機関から1名。

楽しみな勉強会が、始まる予感がします。私は、自己信託の相談を始めました。学ぶことの王道は、自らがやってみることです。信託と遺言は、いずれかと言うより両方で完結する場合もあるようです。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3536 |
| 社長日記 | 11:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
意味の深い第1294回高松栗林ライオンズクラブ例会
台風16号の影響を受けて、開会が危ぶまれた9月第2例会「チャーターメンバーを称える会」でしたが、ありがたいことに無事開会されて、改めて54年前のクラブ結成に深く感謝する日になりました。

また元メンバー浜さんの家族から提供された、結成13周年時のメンバー全員の家族写真も、私すら懐かしい思いで見ていました。当時の写真で「可愛い顔」をしている「現メンバー」もいます。事務局で保管しています。

例会開会の案内は、13時過ぎに発信する予定でしたが、事務局が広範囲の漏水のため、パソコンもファックスも動かなくなり、14時過ぎてから幹事松野の事務所からの発信になりました。災害用の非常時手配が不十分でした。

逆に驚いたのは、開催決定を確信していたのか事務局や幹事松野に確認のあったメンバーからの電話の少なさ、僅か3人でした。また本日は、入会してほしい人の例会参加がありました。何人か旧知のメンバーが、声をかけてくれていました。一歩前進のようでした。

クラブにはこれまで5名の入会がありましたが、その人らのメンバーリストもL塩田博志のドネーションで新しく加わりました。これから更に、5名の新人が加わります。

今日の例会のテーマは、「温故知新」です。チャーターメンバーL大住省司の話も、30周年会長のL塩田博志の話も、先の記念アルバムも温故知新でした。今年は地区ガバナー真鍋隆ライオンのスローガンにもあるように、「挑み」に取り組んでいます。しかし古きを捨てているわけではありません。

台風の余波があった中での例会で、食事が2つ余りましたが、その中の一つは前幹事の松田展和ライオンです。彼は消防団員で、遅刻か欠席かの連絡が早く来ていました。彼らのように、支えてくれている人らがいることで、本日の例会も開催できたのだと感謝しています。









| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3535 |
| 社長日記 | 12:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
台風16号の心配される日本上陸2016
明日の第1294回例会を前に、その傾向と対策が電話で話し合われています。9月第2例会は、恒例の「観月例会&チャーターメンバーを称える会」として、高松栗林ライオンズクラブ内では特別例会として位置づけられています。いろいろ改革した幹事松野ですが、これはアンタッチャブル。

ただ、台風16号が日本へ接近しています。最近の気象情報は実に詳細なものが発表されていて、準備もかなり前からすることが出来て災害防止に役立っています。しかし反対に、台風の勢力が強烈化しているのも反比例的に加わっています。特に顕著な例は、台湾や中国大陸への上陸の被害甚大化です。

つまり日本もそうですが、陸へ上陸した台風は、その場のエネルギを得て勢力が衰えるどころか、ますます元気になります。先の台風14号は、台湾から中国へ上陸しました。そしてその被害報告に、唖然とする私です。国土強靱化対策が、全くの無策の中国大陸。

一般的に言う地球温暖化、自然環境破壊がもたらす負の結果です。中国からの汚染物質PM2.5が、日本や朝鮮大陸へ飛来して迷惑千万ですが、中国は隣国の被害に知らんぷり。

しかしここへ来て、これまで沖縄付近から東へ方向を変えてつまり日本本土に上陸していた台風が、中国大陸のエネルギーに招かれるようにして台風が進路を東へとらず、そのまま中国大陸へ吸い込まれるように上陸しています。巨大化傾向これには日本も、警戒をしなければなりません。

しかし言われているような、風速60㍍ほどの突風がふくようになれば、日本全国の電柱も絶えられません。建物や工作物も、風速60㍍に絶える構造にはなっていません。今建築確認を通っている木造建物は駄目だという、そもそも論にまで話が及ぶかもしれません。

それはとりあえず置いておいて、明日の例会開催の判断をいつ誰がどのようにするかの意思疎通は、今しておかなければなりません。幹事松野としては、クラブ第42代の会長を託された当時、平成16年9月の第1005回例会を幻の例会つまり台風18号のため中止にした経験を持っています。

沢山のお客様を迎える例会になっていて、判断に苦慮しましたが結果中止にしました。その当時のことが脳裏をよぎります。幹事松野としては浮田和也会長と相談し、北村昌史会計に判断を仰ぎたいと電話したがつながらない。そうか北村昌史ライオンは日本にいない。思い出しました、平成16年当時も会計は北村昌史ライオンでした。

当然、明日の例会会場のレストラン香松へも電話を入れます。勿論特別例会のための高級食材も冷蔵庫に入っています。通常例会の食事は1,500円ですから、これだと何とかなりそうですが、明日は年に一度のチャーターメンバに改めて感謝する贅沢例会です。

担当池田義幸副会長や若松茂行委員長、はたまたLT白石やTT平尾にもまた祝日休みですが、事務局の花田千万里さんへも連絡を入れます。結論として、例会当日20日の13時に浮田和也会長が実施&27日へ延期の判断をすることになりました。ただしこの時間に警報が出ていれば、無条件で延期します。

もうすでに明日になりましたが、寝付きが悪い時間が過ぎていきます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3534 |
| 社長日記 | 09:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
進化する物流機能に支えられた通信販売
敬老の日を前にして、高齢者に関するニュースが多く出てくる。その中の一つですが、総務省の家計調査によると、世帯主が60~69歳の2人以上世帯(まさにわが家)が、2015年にインターネット接続料として使った金額は年間で2.5万円だった。5年前より約5千円多く、29歳以下の世帯と肩を並べた。

また家計消費状況調査では、ネットショッピングを利用した65歳以上の世帯(単身を除く)も15年に13.6%となって過去最高を更新。05年の3.8%から大きく伸びている。

その要因の一つは、トラック輸送を中心とした国内の物流システムがあると私はかねがね思っています。まさに日本が世界に誇る、狭い国土の質の高い流通システムです。パソコンのレンタルでは、故障した翌日には新しいハードシステムが届くようです。

文具商品のアスクルや大塚商会、本のアマゾン、楽天やYahoo!にしても確かに発送システムも秀れていますが、それに続く物流システムの充実が、それらを支えています。
早いし料金も安い。郵便局も負けずに頑張っています。物流が日本経済を、下支えしているのは間違いのないことです。

同時に専門性の高い配達集荷も、確実に進化しています。「日本通運」ですが、宅建士の試験が今年も10月16日(日)に予定されていますが、一般財団法人不動産適正取引推進機構(東京)から試験問題が、試験当日の指定の時間に全国の開場に到着します。そして指定された人に、それが渡されます。また指定した時間に回収もされます。

さて本題ですが、本日新しいウォーキングマシンがわが家に届きました。2台目ですが、今度の機種はスポーツジムに置いているそれと遜色がありません。わが家では、祖母が買ってくれた仏壇の次に大きな家財の登場です。「クロネコヤマト」の2人が、玄関前に立っています。

何と彼らが宅配し、組み立ても彼らがやるのです。これには驚きました。驚いた中身は、彼らの組み立てが下手だというのも付属的に入っています。リーダー役の人は30歳前くらい、サブは新入社員程度の若者です。何組か組み立てたというのですが、手元が危うくまず基本がなっていません。

組み立てマニュアルも、「組み立て人専用」が組み立てが終わった後に出てくる始末。ねじを入れるのも、左右ほぼ同時に入れて仮締めして、全体のバランスを確認して絞めていくのが鉄則でしょう。ワッシャも2つありますが、スプリングワッシャはどちらが先になるか、意味があります。

結果組み立てに、随分時間がかかりました。途中で私も外出しました。それでもどうにか動くまでに完成したのでした。十分な確認はしていませんが、恐らくねじ山もつぶれていて、再度の移動引っ越しなどの際には苦労するかと思います。「クロネコヤマト」さんをしても、組み立てまでの作業はまだこれからですね。



しかし物流業者が、客先のニーズに基づいて組み立てまでしようかという前向きな姿勢には、拍手を送りたい。やらないと成功はないし、成果もありません。
彼らを前にしても、私は何も言いません。この状態では聞く耳も持たないでしょう。帰りにもう一杯麦茶を提供しなかったことに、懺悔する私です。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3533 |
| 社長日記 | 10:19 AM | comments (0) | trackback (0) |
特別名所栗林公園第5回秋の高校生大茶会
高松栗林ライオンズクラブは今年の第5回から、秋の高校生大茶会に主催者として参画させて頂きました。これまでの主催は、香川県と栗林公園にぎわいづくり委員会です。共催が徳永孝明ライオンの料亭二蝶、後援が香川県県教育委員会となっています。

高松栗林ライオンズクラブとしては初めての取り組みで、窓口となった幹事松野は心配で、初日の9月17日(土)県立三木高校がお手前担当の日暮亭へ出かけてみました。3日間で6高と聞いていながら、本日は三木高校だけでした。受付時間の最後が14時半と見て、慌てました。

18日(日)は掬月亭で高松工芸高校が、日暮亭は大手前高松高校が、そして商工奨励館北館では高松商が務めます。19日(月・祝)の最終日は、日暮亭で高松桜井高校が、商工奨励館北館で高松一高が担当します。

われら高松栗林ライオンズクラブはこれまで、春に「日暮茶会」と称して主に栗林公園掬月亭で450名程度のお茶人を集めて、楽しんで頂いておりました。丁度クラブ創設から53年で、4月に第50回日暮茶会を終えたところであります。掬月亭の大広間に対して、日暮亭はこぢんまりとしていて風情があります。






ライオンズ暦は、アメリカ式で7月~翌年6月までが1年間です。今年つまり2016(平成28)年は、30年間続いた高松冬のまつりも、34年間継続した小児糖尿病せとっ子の会への支援も、そして50回継続してきた日暮亭茶会も終焉を迎えています。50年を経過したクラブの、折り返しが始まっています。

当然次のアクティビティーをやるのですが、その一つがこの高校生茶会であります。わが高松栗林ライオンズクラブの部是に、「青少年の健全育成」に寄与するというのが昭和37年設立当時からあります。このあたりのいきさつは次の例会の「チャーターメンバを称える会」において、チャーターメンバーL大住省司から聞けると思います。

これまで高松栗林ライオンズクラブがおこなったアクティビティーは、クラブ結成5周年の松田茂会長に始まった奨学親和会から、20周年の久米川久夫会長の小児糖尿病せとっ子の会、25周年加藤直太会長の高松冬のまつりと、31代太田質会長の少年農場等々、その背骨には必ず青少年の健全育成がありました。

高校生茶会も、栗林公園に近い高松周辺の高校茶道部が参加しています。勿論この活動も、青少年の健全育成の一環と考えています。高松栗林ライオンズクラブが加わることで、茶会参加者が増え、さらに参加高校まで増えることを願っています。指導教師聞くと、茶道部の発表の機会がほとんどないのだそうです。







54年前に唱えられた、「青少年の健全育成」というスローガン。今世の中で一番必要な目標ではないでしょうか。先輩諸氏の熱い思いを今のメンバーが引継ぎ、そして次の世代へ渡していくことが今在籍するライオンズメンバーわれわれの責務と喜びだと幹事松野は思います。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3532 |
| 社長日記 | 10:09 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑