■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2016年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2967143
今日: 1036
昨日: 1154

髙松栗林ライオンズクラブ釣同好会の爆釣模様
今日はなんと言っても、喜多俊雄ライオンの日でした。今日一番の大物は、1㍍のハマチでした。およそ10㎏のハマチが船に2本上がり、その1本が喜多俊雄さんのそれでした。30分と言ったら少し言い過ぎですが、20分以上のファイトでした。全員が仕掛けを上げて、見守っています。

ハマチも、釣られまいと必死です。あっちこっちへ動き回り、船の陰に隠れようとします。それに会わせて、船頭は船を実に上手く操ります。残念ながら私の竿にはハマチのヒットがありませんでしたが、このあたりの戦いは、ここが瀬戸内海だと言うことを全く忘れさせます。

「鯛ラバ」という鯛つり技術が進歩発展するなかで、そのせいで、徳島の鳴門へ行くことはなくなりました。船頭さんも釣り餌を用意することなく、出港の朝を待つのみです。鯛ラバが主流の瀬戸内海ですが、今日の山口船頭に聞けば、今でも「キス」などの獲物狙いでは、餌も付けるようです。

また今日の、「喰わせサビキ落とし込み」(ハマチをゲットした)漁法では、餌もなく擬餌でまず浅瀬の小魚(鰯など)を引っかけます。一例ですが、10㍍から20㍍に餌になる鰯の大群がいます。この棚に針を置いて小魚をゲットして、そのまま海底まで沈めます。そこに、小魚を食べる大物がいます。

ここでは餌の付け替えがありませんが、沖縄では、事前に小魚の「グルクン」を釣っておいて、それを活かして、沖合でグルクンを付けて大物を狙うという漁法があります。しかしこれよりも、瀬戸内海漁法が優れています。そのまま、生き餌を下へ下ろします。

喰わせサビキのワンポイントとして、その日の餌となる小アジやイワシの確保がなりより肝心です。出来るだけ鈎数いっぱいまで小魚を掛けてから、底まで下ろして本命を狙います。アタリがあっても早合わせは禁物、しっかりと食い込ませて竿に重みが充分に乗ってから、ゆっくり大きく合わせるとバラシを最小限に抑えられます。

ハマチとの格闘では、糸の延びは計算済みで、ハマチが暴れると糸を出して無理に巻きません。これは今時のリールであれば、糸を出す機能がついています。しかし驚いたのは、船頭の言う「鈎が伸びる」。焼きを入れているはずの鈎も、伸びることがあるのだそうです。

釣り名人の北村昌史ライオンに問えば、高級魚のアコウなどはこれまで、イワシなどの小魚を釣り上げて、それを餌にしてその付近に廻遊するアコウを一網打尽にしていたとか。今日の落とし込みなどは、これまでにない新しいやり方のようです。

その秘密は、鈎全体に「ケイムラコート」を、フラッシュ部にはフラッシングホロシート直貼りしています。妖しく発色するケイムラ+驚愕のフラッシング、更に見る角度によってよって色の変わるオーロラ糸の輝きがベイトを針付けにします。棚さえ間違えなければ、小魚が勝手に4本の針にかかります。

私も今日は、丸アジと本アジとアコウをゲットしました。鯛ラバもやりましたが、終日これだと飽きていたと思います。鯛ラバの釣果は結局5人で、わずか喜多俊雄ライオンの1匹でした。これには落ちもついていて、今日は喜多俊雄さんや前の宅建協会会長石原和夫氏の世話する神社の祭りだそうです。

本日16時からの集会に、ハマチの刺身を所望されていたとか。10㎏のハマチです。みなさんの期待に、大いに応えられたと思います。稲盛和夫塾長の話に、竿の糸が走るところにセラミックをつけて、大物がかかった時のファイトで熱が発生して糸が切れるのを防いだ商品開発という下りがあります。

これまで瀬戸内海の高松沖(東は小豆島西は香西沖)では、キスやイイダコの小物しか釣れないと言われて久しいのですが、この数年の釣業はおおきに変わっています。いなかったはずの大物が、隠れていただけの話でした。今日も高い魚につきましたが、毎週乗っている釣り人などから示唆に富んだ話を聞けて満足。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3469 |
| 社長日記 | 09:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
栗原ファミリーの香川滞在3日目は特別名所栗林公園へ
栗原ファミリーは、ホテルクレメント高松からコトデン高松築港駅まで歩き、栗林公園駅までコトデン琴平線に乗車して頂きました。車で移動することはいとも簡単なことですが、高松の日常を経験してもらいたいと考え、栗林公園駅で待ちます。川越在住の3人は、電車が15分間隔と聞いてびっくりしていました。

それが見たくて、乱暴な企画をしてみました。予定より一便早く到着しました。高松築港駅で「待って」と駅員さんに頼んだら、待ってくれたとご満悦でした。コトデン栗林駅で荷物を収納し、栗林公園へ向かいます。早い時間のために、公園東口駐車場が空いていました。

まず、「栗林庵(県産品販売のアンテナショップ)」へ立ち寄りました。県産品のいろいろが販売されていて私も良い空間だと思っていますが、ここへ行くには駐車料金の支払いが求められます。買い物客へは、配慮をしたらどうかと思います。最近の施設運営は、ほとんど民間企業に委託されています。

民間委託は横の関係が、希薄になっています。たとえば、掬月亭での抹茶提供ですが通常価格は700円ですが、「和船」に乗れば500円だとあとから船頭さんから聞きました。私も「和船」のチケット取得には神経を使いましたが、抹茶と和船のセット料金があるとは夢にも思いませんでした。

掬月亭は管理団体が料亭二蝶で、抹茶のサービスも受けました。雨戸のからくりも知り合いの女性に無理を言って実演を見せてもらいました。ここで和船は?と言ってくれたらチケットを見せたのですが、先に抹茶提供を受けて和船へ行ったものですから。

今日の肝は、和船です。それも私が公園事務所のある人の名前を出したもので、実に丁寧に?説明を受けました。私は以前、高知黒潮ライオンズクラブのメンバーと和船に乗りましたが、今日がより丁寧で「なるほど」と合点しました。和船のコースの南湖は、宗教的意味合いが多く込められているとのこと。

特別名所栗林公園を堪能して、仏生山町法然寺へ向かいます。ファミリーが今朝散歩した玉藻公園と、ここ栗林公園と仏生山町法然寺が揃ってパワースポットとされています。仏生山町法然寺は、徳川高松藩初代藩主松平頼重公らの墓所となっています。

高松城から仏生山町法然寺まで、約二里です。4つの米蔵と12の井戸があったと言われています。つまりここも出城なのです。一旦緩急あれば、ここに立てこもり、玉藻城などからの援軍を待つ籠城作戦も考えられていました。法然寺へ続く道の両サイドは、池と沼でした。

さてさて注目の、「竜雲うどん」です。献立の中にも「松野さんから譲られた」と記載があるようで、栗原ファミリーとしては、香川県訪問地の「目玉」です。譲ったという記載は正確ではなくて、機械一式買ってもらい、母親の退職金にしました。さらにそれから10年間、指導者として母親を雇用してくださいました。

今の「竜雲うどん」は、過去の味を遙かに超えています。こんなに成長して、今日も多くのお客様の期待を充たしている竜雲うどん。日頃は混雑が激しくて、なかなか来ることが出来ません。確かに障害者が、授産施設の職員として勤務しています。つまり時間的効率は、さほど求められていないのです。

私もここへ来たら、20~30分は覚悟してきます。今日も土曜日で、大変混雑して奥へ追いやられ、隣が孫じいのやかましい家族連れでした。前夜の「一鶴」も、活気のある店内でした。要するにやかましかったのです。我々夫婦は気になりませんが、栗原ファミリーはいやだった?

最後は「caffeアジール」です。時間調整を拙宅でして、昼食のピークを過ぎていきましたが、予約で一杯。ここでもかなり待ちました。しかしスケジュールは、ほとんど完了しています。急ぎません。ここから拙宅へ帰り、栗原ファミリーと別れます。かみさんは高松空港へ、私は着替えて出社します。来客予定あり。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3468 |
| 社長日記 | 06:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
埼玉から栗原ファミリーが来高
かみさんの大親友・栗原佳子さんファミリーが、昨日から讃岐路へ来ています。昨日の私は横浜にいて、かみさんが高松空港から金比羅宮への案内をしていました。本日は私も加わり、琴平から徳島方面へ大移動です。讃岐は日本一狭い県ですから、琴平から徳島の約100㎞は、大移動です。

琴平の宿は、琴参閣。出迎え人にも、ホテル側は厚遇です。ここから高速道路を経由して徳島市内の「O-bash crust(オーバッシュ=バスケットシューズの略クラフト=手づくりの工芸品)へ、これは娘「サチ」のリクエスト。行ってみると、小さなパン屋さんです。ネットの力はすごいですね。

娘がどうしてもここへ行きたいというので、やってきました。女子のパン好きは、全国各地で有名店を作り出しています。高松でも「パパベル」というこれも徳島からのパン屋さんですが、「カレーパン」を中心によく売れています。とは聞いても、私は行ったことがありません。

女性陣は、同店のカフェへ歩くというので、私と栗原パパは車で待機です。栗原さんとは、金沢や和倉温泉、おわら風の盆(おわらかぜのぼん)は、富山県富山市八尾(やつお)地域で、毎年9月1日から3日にかけて行われている富山県を代表する行事(祭り)ですが、これもおつきあい頂いた関係。

私も無二の親友がいるのですが、かみさんも栗原さんら親友がいる。実にうれしいことです。その栗原ファミリーが来たら、私も大歓迎。ここで女性陣の心と胃を充たして、大塚国際美術館へ急ぎます。紹介もあって、一番人気の案内人「岡村修二理事」が受付で待機してくれているはず。

約束の5分前に到着、私の今日の仕事はここでほぼ終わりました。ここ大塚国際美術館は、大塚グループ創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した、日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,412㎡約8,900坪)を有する陶板名画美術館です。地下3階、地上2階ですか。

館内には、6名の選定委員によって厳選された、古代壁画から世界25カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、至宝の西洋名画1,000余点を大塚オーミ陶業(株)の特殊技術によって、オリジナル作品と同じ大きさに複製しています。見た目には、原作と同じものがそこにあります。ビックリポンです。

先月金沢へご一緒したときにも、この大塚国際美術館を薦めました。日本一高い入場料3.200円だと聞きましたが、ここは是非一度は行って見てください。そして昼食は、「ヴィーナスカレー」です。もちろん、「ヴィーナス誕生」を模しています。

夜はリクエストで、鳥の「一鶴(いっかく)」へ行ってみました。ホテルがクレメント高松ですから、町中を探したのですが、「学会」があったりしてどこも予約が取れず、多肥下町の「太田店」までやってきました。しかし、ここも一杯です。メニューが「おや鳥」と「ひな鳥」など極端に少ない一鶴ですが、お客さんは多い。

その前は三町ドームからグリーンまで、アーケード街などを見て回ったとか、埼玉・川越在住の栗原さんには高松がどう見えたのでしょうか。娘さんは、川越市役所に勤務されていますが、今は岩手県へ出向中とか。建築主事のタマゴのようです。

明日は栗林公園へ行って、竜雲うどんを食べて、アジールでお茶して高松空港から帰路につく予定です。面白いことがありました。栗原パパは趣味が読書で、金沢で次の一冊をお聞きしました。司馬遼太郎の、「菜の花の沖全6巻」を薦められました。

どこかで見た本だと思って、My書庫を探したら「太田ライブラリー」の中にありました。太田啓太先生の遺品です。恐らく先生は、一杯やりながら読んでいたのでしょう。至る所にその跡が見られます。昭和57年の勿論初版本です。先生は買うなら「初版」が、口癖でした。一方太田奥様は、辟易されていました。

2巻まで読み進めました。これは面白いですね。良い本を紹介されました。またの機会に、読書感想を書いてみます。そうそう夏の甲子園大会香川県予選ですが、高松商は課題の緒戦を12-0で勝ちました。大熊達也君が投手として、頑張ってくれています。選抜の浦大揮君と多田君の調子が、あがらないのが心配。





| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3467 |
| 社長日記 | 07:52 AM | comments (0) | trackback (0) |
二日目第24回盛和塾世界大会
9時から、二日目のプログラムが稼働しています。遠くからの塾生は、移動が大変です。昨晩は香川塾生だけの二次会が執り行われて、さらに盛和塾の深掘りが出来ていたようです。私は疲れたのか、寝てたようで三次会には参加せず二次会の途中で失礼しました。

人間マグロも、目が開いているうちは動き回っていますが、夜は静かに寝ています。さて二日目ですが、三人の塾生の経営体験報告です。入塾して京セラフィロソフィーを学び、どのように経営が好転したか語るものです。特に世界大会での発表者は、各地区での予選を勝ち抜いてきた強者です。レベルが違います。

今回の最優秀者は、日本体育施設(株)奥裕之さん(60歳)です。奥さんは、私も知っている「追っかけ組」の1人です。入塾が2011年12月ですから、私が先に入塾しています。大ベテランだと、私は勝手に信じていました。売上高も77億円と、群を抜いています。

3代目社長です。陸上競技場のトラックとか、サッカー場の床(人工芝)など幅広く手がけています。ある意味、独占です。公共事業の仕事が多く、大学等が続きます。高松市内の屋島競技場の改修も、すでに入札しているとか。誠実な彼の心が、日本中のスタジアムを変えていきます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3466 |
| 社長日記 | 06:38 AM | comments (0) | trackback (0) |
盛和塾第24回世界大会in横浜
横浜の国際会議場に、内外88塾から4773人を集めて、世界大会が開かれています。同時通訳も、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語が用意されています。韓国にはまだ塾がありませんが、有志がその準備を進めていて、稲盛和夫塾長も了承しているというので、遅からぬ時期に開塾することでしょう。

何年か前の、中国に似ています。中国はいまや上海北京瀋陽などに1万人規模の塾生がいます。今年も中国での、塾長例会が予定されています。ポルトガル語は、ブラジル塾生のための同時通訳です。ブラジルの塾生は、自国の盛和塾勉強会へなんと3千㎞の距離をものともせずやってきます。

会場は、いつもの横浜の国際会議場です。日本全国ここでないと、もう大会は組めないでしょう。大会の後は、コンパをやるというのが稲盛流で、ここでも隣のコンベンション会場に、インターコンチネンタルホテルからの配膳で対応しています。球場並みの大きさです。

さて体験発表ですが、全国また海外枠の予選を勝ち抜いた猛者たち3名の発表でした。どの人も、盛和塾に入塾して業績を劇的に伸ばしています。また伸ばしているからここに登壇しているのです。「稲盛和夫塾長の言うとおりにやる」「フィロソフィーを愚直なまでに浸透させている」という意見です。

当然「Yes」マンがここへ来ていて、その他の意見があるわけないのですが、そんな議論をしているひまがあれば、素直に聞いて誰にも負けない努力をするというベクトルに、4千人の心が束になっています。

「全従業員の物心両面の幸福の追求」が会社の理念であれば、働くものと経営者の間に齟齬(そご)はありません。やればやるほど、結果がうなぎ登りです。私の紹介で入塾した数人はここへ来ていますが、弊社の社長は来ていません。







真ん中JAL植木義晴社長

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3465 |
| 社長日記 | 08:54 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑