■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2015年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■新着コメント■
■トラックバック■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■プロフィール■
■その他■
■来訪数■
合計: 2580440
今日: 374
昨日: 1537

香川大会第11日第二試合は高商2回戦
香川大会も今日の二試合でベスト8が、出揃いました。シード校の三本松が、寒川に敗れる波乱がありました。今日までの結果で勝ち上がったのは、Aブロックでは、「英明」と「香川西」Bブロックで、「三豊工」「寒川」Cブロックは、「丸亀城西」と「志度」、Dブロックは「高商」と「高松南」となっています。

高商2回戦、対戦相手は小豆島。1表高商の攻撃、1番美濃君死球出塁、犠打で二塁。3番米麦君四球。4番山本君の併殺崩れの間にまず1点。5番植原君が上手い中前打で走者生還。序盤の1回にまず2点奪取。まずまずの出だしです。先攻ですから、安心は出来ません。

1裏小豆島の攻撃。高商に守備打順共に変更なし。浦投手が、3点内に押さえれば今日も勝つ。1番三木君、2番植松君は三振。3番樋本君は大センターフライ。1回を終わって、高商2-0小豆島。

2表高商7番山下君、8番浦君フライで2アウト。9番荒内君出塁するも1番美濃君三塁ゴロで3アウト。2裏小豆島の攻撃、4番角井君ライト前ヒット。3番4番は侮れない。5番井上君も三遊間ヒット。6番石川君送りバントで、1アウト2・3塁。7番三振。8番セカンドゴロでかろうじて零点。

ここは高商の守備としては、かろうじて無得点に押さえた。浦君の踏ん張りで、長尾健司監督も「淡々と気負うことなく投げられる」と2年生浦投手を評している。ここは最速136㎞の外角真っ直ぐで空振りの三振。試合を終わってみれば、右腕浦君8回を5安打8奪三振の内容だった。

3表高商2番安西君出塁、3番米麦君送りバント、4番山本君の打席でランナー3進。山本君はセンター大飛球で三塁から安西君がタッチアップで更に1点。5番植原君三振。3裏小豆島の攻撃。ランナーを出しながら零点。序盤の3回を終わって、高商3-0小豆島。しかしヒット数は小豆島3-1高商。

4表高商6番酒井君ヒットで出塁、7番山下君は送りバント。8番浦君三塁ゴロの間にランナー3塁にいながら残念零点。4裏小豆島、4番5番6番三者凡退。5表高商攻撃、1番美濃君から攻撃。美濃君中前ヒット。

2番安西君、ランナー美濃君が盗塁のスタートを切っていたために併殺を免れた。二塁にランナーを残して2アウト4番山本君。死球でランナー2人。しかし5番植原君が三塁ゴロ。結果は零点に終わるが、良い走塁でした。

5裏小豆島は下位で3人、内2三振。6回は裏表共に零点。中盤を終わり、高商3-0小豆島。しかし、ヒットは小豆島4-4高商。エラーは小豆島2で、高商はゼロ。前回の反省が功を奏している?

終盤7表1番美濃君の右翼三塁打と、3番米麦君の左翼犠牲フライで1点。4番山本君はセカンドゴロ。スクイズはなかった。そう言えば盗塁も、まだない。7裏小豆島の攻撃。浦君の我慢の投球で零点。今日の浦君は、少しバテていた。球速も130㎞前半で、前回の140㎞に届くかという球速はなかった。

8表ワンアウトから、酒井君のあわやスタンドインかと思う二塁打。続く浦君も三塁打で、ランナー生還して7回に続く得点1。9番荒内君の内安打でもう1点。小豆島中村投手に交代。1番美濃君が内安打。盗塁の成功とエラーで、この回は足を絡めて3点。

8裏、高商左翼選手交代。初めての選手交代。小豆島の攻撃は、三者凡退。8回コールドゲームで高商の勝利。次ぎに高商は25日土曜日、高松南との試合が組まれています。ここまでは危なげなく勝ち進んでいます。私の予想通りの進展です。あと3試合、関門は、やはり英明との優勝戦だが、次の高松南も手強い。

高松南は、春の県大会準優勝チーム。右腕の後藤君に加え、3投手が控えているようです。打撃は高商まではないと思うのですが、高校野球のトーナメントは何があるか分かりません。まずは25日の高松南に勝たねば。浦君が3点までに抑えることが、勝機を呼ぶと思います。





本日は24節季の大暑。おかみさん便りのおっそ分け

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3108 |
| 社長日記 | 08:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
日本が世界地図から消滅しないための戦略by月尾嘉男
致知(ちち)出版社から、平成27年5月20日に上梓されている本です。確か致知出版社からのメールで、出版を知ったと思います。またこの致知出版社が、面白い会社です。「いつの時代にも、仕事にも人生にも真剣に取り組んでいる人はいる。そういう人たちの心の糧になる雑誌を創ろう。致知の創刊理念です」と真顔です。

社長の藤尾秀昭さんは、東京盛和塾生です。月刊誌「致知」が1年契約で10,300円です。少し前から小欄でも転用させて頂いている「おかみさん便り:日本の四季」小笠原節子さんも致知出版社に勤務されています。稲盛和夫塾長も、度々登場します。

その致知出版社からの標題の本は、東京大学名誉教授・月尾嘉男氏がまとめたものです。学者らしい歴史認識を背景に、用意周到な大国、用意周到でない日本を書いています。氏の本旨は、用意周到でない日本が消滅しかねないという危惧です。

まだ読み尽くしていないのですが、はじめの方に、「過剰適応の悲劇」という考え方が紹介されています。日本経済のなかなか回復しない背景には、生態学や心理学で使用される「過剰適応」という経験法則を応用すると、理解を得やすいと氏は述べています。

生物がある環境に適応しすぎると、深刻な問題が発生するという現象で、一例として、中南米に棲息する「ヤリハシハチドリ」という小鳥と、「トケイソウ」という植物の関係を書いています。蜜月の関係も、長く続くとマイナスに作用するという原理原則を述べています。

ヤリハシハチドリは体長10㎝程度の小鳥であるが、長さ10㎝はある細長いクチバシを持っている。トケイソウの花は細長いラッパのような形で、その付根に蜜がある。ヤリハシハチドリは普通の鳥と比較して、トケイソウの蜜を吸うのに有利で有り、トケイソウはヤリハシハチドリが確実に授粉させてくれるという恩恵がある。

この互恵関係は平常の状態であれば極楽のような状態であるが、もし火山の噴火や気候の変化などでトケイソウが壊滅状態になったとすると、ヤリハシハチドリにとっては独占していた食料源が消滅することになり、普通の形状の花から普通の鳥と競争で蜜を吸うことになり、細長いクチバシが邪魔になる。

一方、ヤリハシハチドリが伝染病などで激減する事態が発生すると、トケイソウは授粉させてくれる鳥が減ってしまうため、自身の存亡にかかわる事態となる。すなわち、あまりにも密接に適応した関係が構築されると、その一方に急激な変化が発生した時に共倒れになる可能性があることになると言うのです。

私は最近、この「過剰適応」という現象を痛感しています。ある意味日本とアメリカの関係も、過剰適用と言えるかも知れません。明治以来の国家戦略が工業社会という環境にあまりにも見事に適用するという過剰適応になっていたため、縮小社会、分散社会、環境社会、情報社会などの新規の環境に移行できなかったと言うこともあり得ます。

今、日本のみならず世界中がピンチです。安倍晋三首相が推し進める安保法制の改悪は、日本のみならず周辺地域をも不幸にします。アメリカから1兆円以上の攻撃武器を購入し、安倍晋三首相はそれをどこで使うというのでしょうか。本来外交辞令として、「中国が仮想敵国」などとは言ってはならぬ発言です。

安倍晋三首相は、ある意味正直な人なのでしょう。正直すぎると言うべきかも知れません。今の混沌とした時代に、戦争など出来るわけがありません。緊張感を煽り、日本に1兆円越の商談をまとめたアメリカ武器商人。安倍政権は足元を確認しながら、日本の立ち位置をしっかりと決めてください。

新国立競技場の問題も、日本人古来からの知恵で解決です。先例にとらわれず、「常識の非常識」これは私の座右の銘ですが、業界の常識とか政界の常識にとらわれず改善を望みます。

政治の世界の常識は、市井の国民生活の世界では、非常識です。森さんも、言われるように直接の責任はないかも知れませんが、関係している国会議員としての責任はあるのでは。少なくても関与していた国会議員は、そう多くはないと思います。日本国にはカネがあっても、政府にはカネがありません。

「おかみさん便り:日本の四季」小笠原節子


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3107 |
| 社長日記 | 08:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
NPO香川定借機構第1回高松市との交渉
平成27年度 国土交通省土地・建設産業局委託事業、「地方都市の不動産ファイナンスの環境整備のための協議会(委託先・㈱日本経済研究所)」全国12団体の1つ、特定非営利活動法人香川県定期借地借家権推進機構(略称NPO香川定借・松野誠寛理事長)は、21日午前10時から高松市庁舎内で、初めての担当者会に参加した。

香川定借からは、松野誠寛理事長、松岡良幸理事、白井委秀理事、大西一正理事が参加し、高松市からは、コンパクト・エコシティー推進部福田邦宏部長、まちづくり企画課柏野良太課長らが参加し1時間余、熱心に意見を交換した。

席上、香川定借機構からコンペに応募し採択された経緯や、その根底にある自分達のまちは、自分達の組織で良くするという理念が語られ、市からも、現在の計画があらためて説明された。

NPO香川定借機構の基本スキムは、市有地である「仏生山農業試験場跡地北側エリア(約1万坪)」の一部を80年間定期借地権契約で市から借り上げ、民間が建物を建築して運用をして、テナント賃料で建築費や維持管理費を捻出し、余った金員で配当するというもの。

市職からは、既に地元コミュニティ協議会にも諮り、意見を吸い取り決定している原案で、議会の承認も得て、鋭意推し進めているところであることが強調された。

しかし、全ての決定が終わった段階ではなくて、27年度中に正式骨子をまとめて、28年度設計予算化で30年度完成を目指していると言うから、まだまだ話し合いの余地はありそうな段階である。

しかしこの「仏生山農業試験場跡地北側エリア(約1万坪)」の土地の建物は、すべて高松市が建築するものと考えている担当者の頭には、民間が建築して、それを高松市が借りてテナント料を支払うという発想は皆無だ。

NPO香川定借機構は、民間建設の建物は、門前町仏生山町の賑わいの再創が可能な商業スペースも多く取り込み、丸い商店街構想等を考えている。道の駅構想も有り、空港リムジンバスも入ってきて、帰り客の地元土産購入やうどん会館でのうどん食など、高松をより知って好きになってリピート客になってもらう、もう1つの施設群を構想している。

丸い商店街構想等では、高齢者世帯への安否確認を兼ねた宅配も予想される。NPO法人が運営すれば、自分達で稼いで自分達で再分配する善循環が成り立つ。基礎自治体に頼らない、新しい器での新しい運営で、これまでどこにも見られなかった賑わいスペース群が完成する。

地元商工会武下重美会長も、「これまでのような連担した商店街は、これからは維持できない。丸い商店街構想であれば、私も息子を呼び返し、新しい商売をやってみたい」とNPO香川定借機構の案に積極的である。

池袋の板橋区役所庁舎の成功は、大都会での話し。地方中核都市での不動産ファイナンスは、まだまだ多くの山谷を超えなければ組成できない。しかし、記念すべき第1歩が、本日記された。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3106 |
| 社長日記 | 08:25 AM | comments (0) | trackback (0) |
第97回全国高校野球選手権香川大会が開幕2015
全国中等学校優勝大会から100年目のこの夏の戦い、その香川予選が11日に開幕しました。香川県は40校ですから、6試合程度勝てば、夢の甲子園へ出場が出来ます。しかし最多出場の神奈川大会は、189校が出ます。それでも対戦数にしたら、8試合程度です。そんなに、大きく変わることはありません。

香川予選は、組み合わせ抽選で「Aブロック」、「Bブロック」、「Cブロック」、「Dブロック」の4つに分かれ、Aブロックに「英明」Bブロックに「三本松」Cブロックに「丸亀城西」Dブロックに「高松南」がそれぞれシードされています。母校「高商」は、Dブロックにノーシードでいます。

順当に勝ち進めば、この4シード校から優勝チームが出るわけですが、そうならない場合もある高校野球。トーナメント戦ですから、何があるか分かりません。試合は、11日から高松市生島町のレグザムスタジアムで始まっています。

開会式後早速第3試合、注目の坂出-尽誠は、延長戦にもつれ込んで、最後は左腕鍋島が一打同点のピンチをしのぎ、4-3で競り勝ちました。尽誠有利の下馬評通り、尽誠2点リードの9回に坂出が追いつき延長へ。10回坂出が1点とって、先述のように守り勝ったという試合でした。

この鍋島巧君のこれまでの試合成績は、5勝1分け5敗ですが、防御率1.22は№1の成績です。ちなみに尽誠の新納豊君も、11勝1分けで防御率は1.67でベスト4です。初戦の硬さが出たのでしょうか。尽誠6回1点先取の戦いですから、やはり鍋島巧君の力投に尽きます。

その後の試合経過は早送りで、雨で2日延びた高商VS高一の試合まで飛びます。昨日沖縄は決勝戦が行われ、興南高校が浦添を破り聖地甲子園への切符を手にしました。確か高知は、一昨日が開幕試合でした。高知は36校ぐらいの出場です。甲子園での本戦に合わせて、各県が工夫をしています。



さて母校高商ですが、1回戦はなかったので今日が初戦です。予定より遅れて、12:30高松一高の攻撃で始まりました。前の試合は、三豊工業が高松中央を9裏3点奪取してサヨナラゲーム。その余韻がさめやらぬ間に、いよいよ今大会の初陣です。

高商は2年生中心のチームで、期待がかかる来年への試金石です。今年の頑張りが、必ず来年へ続きます。とは言いながらやはり3人の3年生が、中核として安定しています。打線は破壊力があり、守備に不安が残る荒削りなチームだと思います。

1表一高の攻撃をかろうじて本塁憤死で零封し、1裏高商の攻撃。2番安西君が出塁するも、前後2三振で零点。2表一高は5番旭君からの攻撃で2人ランナーをだしながら零点。2裏4番山本君からの攻撃ながら零点。3表一高の攻撃は1番小沢君からながら高商投手浦君の球速137㎞で3者三振。3裏2番安西君の三塁打で高商まず1点。米麦君の2点本塁打で合計3点。ここまで一高3本に対して高商4本の安打、高商に1つのエラーが記録されて序盤終了。

4表一高三者凡退。4裏高商6番キャプテン酒井君の三塁打ながらスクイズ失敗。ここは外されたのですが、何とかバットに当てたい。課題が残る高商の攻撃でした。2回の4-6併殺エラーといい、初戦の硬さが出た感じ。若いチームだけに、経験不足の感じはぬぐえないですね。

5表一高攻撃、高商背番号10浦君が打たれ1点を与える。ランナー2人を残してかろうじて1点で止めた。5裏浦君からの攻撃で、1番美濃君のソロホームランで1点。米麦君の三塁打が出るも、2点で終わり。5回を終わり高商5-1一高。ヒット高商8-6一高。エラー高商2-0一高。

6表一高零点。6裏高商5番植原君からの攻撃中。一高の二塁手千葉君の足のケイレンで10分程治療中断。中断開けで、高商2点加点。6回を終わって高商7-1一高。中盤まで高商優勢で試合は、終盤戦へ。

7表一高三者凡退。7裏高商は三塁まで進むも、無得点。8表一高の攻撃前に、今度は高商センター安西君が足のケイレンでその場にしゃがみ込み少しの中断。結局0点。8裏高商下位の7番山下君の二塁打。9番荒内君の犠打で1点。8回コールドゲームで、高商初戦突破。

初戦を戦い、これから波に乗る高商ですが、次の対戦相手は、本日の第3試合に登場した小豆島です。高商が8回コールでゲームでしたが、小豆島は7回コールドゲームで高松桜井を下しています。ある意味予想された、次の対戦です。

高商次の試合は、23日(木)です。丁度定休日の昼からですから、ゆっくり試合を楽しみたいと思います。小豆島に勝てば、次は25日(土)恐らくシード校の1つ高松南との対戦があります。残念ながら、これには別の予定が入っています。

27日(月)が準優勝戦、相手はシード校の丸亀城西。そして28日(火)の優勝戦が、英明だろうと思います。勿論ここで勝てば整地甲子園です。攻撃は、英明の田中投手までは5点は取れそう。守備は投手2年生の浦君を中心に3点まで。今日の守備を見ていたら、頂点までは少し時間がかかるかと思いました。



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3105 |
| 社長日記 | 08:47 AM | comments (0) | trackback (0) |
生活保護支給額減額が大家業に及ぼす影響は
7 月1 日から、生活保護の住宅扶助(家賃補助)引き下げが実施されたと聞きました。私の周りでは、生活保護対象者への賃貸が少ないもので、情報が遅れています。しかしこれからは、賃貸住宅関連情報は関係ないとは言い切れない、混沌とした賃貸市場になっています。

特に引き下げ幅が大きいのは、大都市近郊と地方の多人数世帯のようです。高松市へも問い合わせましたが、やはり国の方針に沿って減額になっていました。既に行われた生活扶助引き下げとともに、更に困窮生活を圧迫されることになります。

減額によって161 万世帯ある生活保護受給世帯のうち44 万世帯に、現在住んでいる住宅の家賃が、住宅扶助額を超える入居者が大量に発生する可能性があるという予想です。高松の場合ですが、あくまでもザックリ総論で、3人世帯ではこれまでは月額53,000円が上限でしたが、4月からは月額48,000円になったそうです。

激変緩和措置で、賃貸借契約の更新時期までは新たな基準の適用は猶予となるようですが、賃貸借契約は2 年の契約が多いので2 年間の間に順次転居し、極端に言えば毎日契約が切れて、新規賃料が適用になった物件が徐々に問題化しても、短期間に集中するということはないだろうと言われています。

しかし住宅扶助の減額によって、家賃を値下げする対応を迫られる大家さんが出てくると予測されます。大家からみた生活保護者は、役所が実質的に家賃保証をしてくれているので滞納リスクが低い優良顧客といえると思います。

公営共同住宅の新規供給がなくなった昨今、民間の大家業も基礎自治体のさじ加減で一喜一憂します。できることなら退去は避けたいとなれば、家賃を値下げせざるをえず、生活保護の削減が、回り回って家主に転嫁されることになりかねない現状がすぐ近くまで迫ってきています。

家主にとっては大きな痛手になると思われます。賃貸経営で、悲鳴を上げている大家さんも最近は多くなっていて、相続対策の前に、収支バランスの改善が求められています。賃料が下がれば、入居率が同じとしても返済原資が下がります。銀行との交渉が、必要不可欠となります。

銀行との交渉で、返済期間の延長が出来れば、これは何とか大家業が続けられますが、次の杞憂は、金利の上昇です。今の低金利でのリスケですから、金利が上がればまた大変です。

黒田東彦日銀総裁は、「金融緩和策」を実践していますが、アメリカの一部では「ジャックとマメの木」つまりおとぎ話の主人公として扱われています。素人が考えても、いつまでもゼロ金利で良いわけはありません。しかし今金利が上がれば、国債の暴落にはじまり、日本の財政破綻がおこり得ます。

低金利策は継続するとしても、これ以上の借金は慎むべきです。安保法制のゴリ押しで、日本はアメリカから攻撃用武器、オスプレイなどですが、1兆円以上の買付をします。新国立競技場の見直しは、その罪滅ぼしかも知れません。翁長沖縄県知事には頑張って貰いたい。辺野古基地は、アメリカも求めていません。

話しを家賃補助に戻しますが、また住宅扶助の基準見直しも同時に行われたようで、「級地」と「世帯の人数」以外に、「床面積」という要素が支給限度額の算定に加わるようになったようです。

これまでと違い、一律に家賃限度額が決まるのではなく、借りる部屋の床面積によっても細かく区分されるようです。床面積という要素が加わったのは、生活保護受給者を何人も囲いこんで一人一人に限度額ぎりぎりの家賃を請求するような、貧困ビジネス防止の為と考えられています。

誤魔化し請求は、これはダメです。生活保護支給は、生きるための最後の砦です。これは必要策ですが、不正は人間としての本質を問われます。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3104 |
| 社長日記 | 07:21 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑