■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2016年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野社長に相談
松野不動産ホームページ
賃貸物件探索
売買物件探索
FM香川に出演
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2879091
今日: 866
昨日: 1013

高松でG7情報通信大臣会合開幕
日米欧の先進7カ国(G7フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)情報通信相会合が29日、高松市サンポートのかがわ国際会議場を主会場として開幕しました。報道によれば、晴れの国・四国高松らしい晴天の中、特別名勝栗林公園の散策など「高松」らしさが堪能できた?

私も臨場していたわけではありませんから、詳しいことは分かりませんが、次世代技術の切り札として期待される人工知能(AI)の普及を目指し、研究開発の際に守るべき共通原則を提唱しています。

人工知能(AI)は、囲碁の対戦で世界トップクラスの棋士を破るなど開発レベルの向上がめざましく、車の自動運転や創薬、産業用ロボットなどわれわれの生活の中にも溶け込んで存在するようになっています。

ただ安全や倫理面での不安も根強いため、人間によるコントロールや、身体に危害を及ぼさないよう配慮をするといった開発上の共通ルールを、議長である高市早苗総務相が各国代表に呼びかけています。ここの成果は来月の、伊勢志摩サミットの議論に反映させるとされています。

世界の先進国ではITを使わない仕事や生活は、もはや想像できないまでに発展し、活用する上でサイバーセキュリティーや個人情報の保護が重要との認識でも、世界中の合意を得られた模様。高松でも、G7情報通信大臣会合のためのみならず、無料Wi-Fiポイントが増えています。

会場のサンポートホール国際会議場周辺以外にも、高松の主要交通網には警察官などが配備され、重々しい雰囲気に包まれています。G7情報通信大臣会合の開催は事前に周知されていて、市民に動揺はない。会議は30日も開催され、その後は、瀬戸内国際芸術祭2016(休開中)の会場へ足を運ぶようです。



ところでテレビなどを観ると、前夜祭が喜代美山荘花樹海で、日本の古典芸能を提供し、うどんや地酒・金陵や瀬戸内の魚なども振る舞われた様子。次の日の知事市長主催の晩餐会は、クレメントホテル高松飛天の間だろうか。サヌカイトの演奏も報道されていた。

ところでサンポート周辺で国際会議をする施設は、中核都市中1番の充実ぶりだろうと思います。市民としてのプチ自慢であります。国際会議場はもとより、サンポートホールには、大小会議室(机をどかせば倉庫にもなる)も充実しています。

隣はJRホテルクレメント高松が、そして2キロ範囲に栗林公園、喜代美山荘花樹海があります。隣接には船の発着場もあります。大小のフェリーから、5万トン級の船が接岸できるバースも備えています。日本全国の港で、5万トンバースの近くにスーパーマーケットやコンビニがあるところは少ない。

ほとんどが、田舎の貨物船バース程度です。中には、大型客船が接岸するバースを持たないために、小舟に分乗して上陸するところもあります。またエリア内の隣ビルの合同庁舎屋上には、ヘリポートもあります。万一に備えて、裏方さんの努力もあって、当たり前に閉幕しそうであります。ご苦労様です。



サンポートホール国際会議場周辺のアート

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3389 |
| 社長日記 | 09:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
ブリーダーが語るイヌ派ネコ派あなたは
明日から、大型連休です。最長10日間とも言われていますが、実態はそんなに長い連休にはならないでしょう。また箱根の大涌谷は、規制一部解除で名物の「黒たまご」の製造販売が再開しています。ところが大分県などは、熊本県ほど被害はないようですが、この大型連休は閑古鳥が啼くのでしょうか。

ところで今日のネタは、あるブリーダー(家畜や植物などの交配・育種・生産などを行う人。)との、情報交換です。私が、「ペットブームですね」と水を向けたところ、「ペットブームはもう終わった」という意見です。

えーそんなはずはない。賃貸アパートマンションでさえも、「ペット可物件」が喜ばれています。大家さんも、多少のトラブルは覚悟して、「ペット可」とすることを承諾してくれています。

更に聞くと、ブリーダーの活躍するのは「イヌ派」の人に対してだけで、犬は狂犬予防接種の義務化や、蚊に刺されたら死ぬことがあるのでその予防のための薬投与とか、またシャンプーや毛のカットなど、何かと費用がかかるのだそうです。

そういう惜しみなく出費する人が、ブリーダーのお客様なのです。それに対して世の中の動きを反映してか、最近はネコ派が多くなっているようです。猫は犬に比べてお金がかからないし、ブリーダーの出る幕がないのだそうです。第一猫には、予防接種の義務も聞いたことがありません。

猫は散歩も、毛繕いも自分が舐めてするそうです。シャンプーもしないそうです。猫は、ふいっと外へ出て行って気が済んだら帰って来ます。朝夕、買主に散歩をねだることも確かにありません。買主べったりの犬に比べて、ワンワンやかましいこともなく今風なのかもしれません。

確かに食べるものは、人間様より高価な「ペットフード」を食べていますが、私からすれば犬も猫も同じものを食べていると思いきや、犬と猫とは別々のものを食べているようでこれだけは唯一、猫の食べる物が高価なもののようです。

つまり猫は、飼うのに手間がかからず総体的に費用が犬に比べて安上がりなのだそうです。このように猫の需要が大きくなれば、ブリーダーとしての仕事が減るのだそうです。ただ、ペット本体の売買価格は3万円から30万円と、跳ね上がっているようです。

そう言えば今年の元旦に、犬を連れた女性の親子が熊野神社に参拝に来ていましたが、いろいろ手術などで確か90万円ほどかかったと言っていました。犬に服を着せて、正直どうかと思いましたが彼女らにとってはまさに「子供」なのでしょう。

賃貸アパートマンションにあっては、ペットと言えば犬でしたからまだ買主のコントロール下にあり、ある意味安心でしたが、これから猫となるとこれは好き勝手の動きをして繁殖能力も犬より強いのだそうです。困ったことが増えないように、祈る思いであります。

ここをクリック

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3388 |
| 社長日記 | 10:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
大いに期待した山陽放送の番組「メッセージ」四国に新幹線を
岡山市に本社を置く山陽放送(TBS系列)が、27日20:56から自社制作番組「四国に新幹線を」熱望の背景を探るとして、全国新幹線網に取り残された四国の現状を報道した特別番組を観ました。

事前の告知が度々されていたこともあり大いに期待したのですが、今一歩広がりも深掘りも足りなかったように感じました。わずか一時間枠に、これまでの50年年間を振り返りながら、新幹線完成後の将来の在来線のあり方まで追求しています。

その方面の視点は、良かったところです。つまり今「整備新幹線に立候補」しても完成は早くて30年後ですが、その30年後に四国新幹線が整備された暁には、今使っている在来線をJR四国から離して、地方自治体を中心とした第三セクターが運営するという足かせがあります。

だから辞めようという意見と、それはそうで「庶民の足」として生き残るだけではなくて、その地独特の「観光列車」としての稼ぎなどを加えていけば、むしろ今のJR四国の経営成績(毎年営業赤字)を上回る成績を残せると論じている。この視点は、先に誉めたように良かったと思います。

しかし四国の新幹線実現を目指して、どうして目指すのか、大義やそのメリットについて掘り下げがなかったのが残念です。確かに四国には3本の瀬戸大橋があって、これが新幹線の代わりだよと言う思いは、政治家も四国の住民側にもあったのは事実です。

しかし新幹線の予算は「整備新幹線予算」として、毎年予算総額の1%程度ですが必ず計上されて、それがいま決定されているルートの建設費に充てられていきます。つまり新幹線は勿体ない、待機児童の保育園建設や耐震補強工事に充てたらとかの選択はないのです。

だからまず、「四国新幹線を整備新幹線路線」への「願書」を出すべきです。まずこれが認められて、先に書いたように予算枠が決められているので、その順番に整備されていくのです。このあたりの説明も、残念ながら浜田恵造香川県知事の喋りだけでは、観る人に伝わらなかったと思います。

今からだと、早くて函館から札幌へ北海道新幹線が開通してから20年後でしょう。勿論北陸新幹線も、福井を経由して京都や大阪に繋がったあとです。幸いなことに四国新幹線計画は、4県の県都を結ぶ計画が一番投資対経済効果が良いのです。つまり四国4県の、政治経済界の足並みが見事に揃ったわけです。

そして最後に、「民意が足りない」となっているわけです。県民の盛り上がりがないと。だけど、四国新幹線整備費の地元負担は僅か10%で良いとか、在来線を複線化電化高速化するのに対して、格安(言いすぎかも知れない)だとかの説明が対比されないと、分からないのです。

飛行機路線も新幹線がついているところはいないところに対して、格安だと言うこととか、あまりにも喧伝されていないと思います。繰り返しになりますが、今から20~30年後は、山陰地方や九州の東海岸沿いにも第2九州新幹線が開業しているかもしれません。

また最後に、先の熊本地震をみても、九州新幹線の全線復旧の早かったこと。13日ぶりです。あれほどまで余震が続きながら、高規格新幹線インフラは丈夫に出来ています。今の在来線に手を加えるより、新幹線に特急の役割を担ってもらう。

東北の仙石線や、その先の在来線の復旧にどれほどの時間がかかったか。そのあたりにほんの少しの不満が残りましたが、おしなべて良い企画でした。地元のマスコミは、こぞって報道して民意を高めて「願書」をまず出しましょう。

過去の記事はここから

もうひとつ

| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3387 |
| 社長日記 | 10:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
一般社団法人香川宅建と公益社団法人香川県宅地建物取引業協会の理事会
香川県は、全国唯一二つの社団法人を持つ組織です。正直なところ法人法が変わって、ややこしくなりました。二つで2倍ではなくて、二つでこれまでの組織の分割をしている感じです。

そして本日は、5月30日の総会へ向けての理事会です。それぞれの議事が異なることから、時間はかかりますが丁寧に処理します。議事の内、平成28年度計画は3月の理事会で可決されています。

本日は平成27年度事業報告と決算報告です。決算報告は、承認事項ですから丁寧に扱います。会社法の変更で、理事会が議決機関となっています。総会は、報告するための会議です。従ってウェイトは、理事会にかかっています。

ただし今年は、役員改選と定款の一部改正議案があります。定款の改正は、法律が変わったことによる仕方なし変更ですが、過半数ではなくて3分の2の賛成が必要となります。出席者はともかく、委任状の取り付けが大きな仕事になります。

香川宅建協会の役員改選は、これまでは選挙になったことが無いと聞いています。来年50年ですが、10代会長です。他県では3代目会長もいます。今後はさておき、今月選挙管理委員会を開き、理事候補者の資格審査をして理事と認められた人らで理事候補者会議を開き、そこで候補者を決めることになると思います。

香川宅建協会は、今年の改選ですんなり正副会長・専務理事・監事が決まると思います。業界は今、あるいみ崖っぷちに立っています。国土交通省は、今後売ることを依頼する媒介契約にも、それで成約になりそうになったら重要事項説明書にも、「インスペクション」についての説明と記載を法的に求めてきます。

香川宅建協会では、既に「インスペクション」の体制が整い、宅建業者は売主(買主の場合もありうる)からインスペクションの希望があれば、協会事務局を通じて、建物目視検査をすることが出来るようになっています。この制度の、日常化恒久化が次ぎに求められます。

消費者保護を一番に、宅建業者のリスクヘッジにも貢献する中古住宅のインスペクションです。また空家等対策の推進に関する特別措置法から増えた中古住宅の流通も、社会貢献の一つであります。

一つのラインとして、昭和56年6月1日の新耐震基準の日がある意味ボーダーラインになっています。今から35年前ですが、これより新しい建物はリフォームして使う、それより古いものは耐震改修をして使うか、更地にして再活用することが社会貢献にも繋がります。

何と言っても生活に密着した住宅、熊本震災でも仮設住宅などが渇望されています。今の被災者にとっての喫緊の希望は、住まいの改善つまり仮設住宅等で手足を伸ばしてプライベートを守って生活すること。やはり住宅を扱う商売は、庶民の生活に深く関与しています。矜持を持って、やりたいと思っています。


| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3386 |
| 社長日記 | 08:40 AM | comments (0) | trackback (0) |
沖縄の3日目の夜はもう高松
朝9時からの会議です。私は10時とばかり思ってて、朝食後改めてスケジュールを確認して大慌て。ホテルから徒歩15分弱ですが、タクシーを呼んでもらいました。近すぎて申し訳ありませんが、「沖縄宅建協会は初めてで、来てよかった」と運転手が言う。この人は、大物だ。

会議は、全宅管理第1回総務財務委員会です。故池上博行委員長が企画して、自分だけが来られなかった沖縄での委員会。昨日も一昨日も、池上さんの話しで盛り上がりました。それが今日の夕方高松へ帰って来ましたが、何とふらっと立ち寄った会社のデスクに、池上英子さんからの手紙がありました。

池上英子さんは池上博行氏の奥様で、中には1月の会葬礼が綴られていましたが、これも何か神がかりの縁だと驚きました。今日も会議の前に、小橋川共順委員長代行から、当然のように池上博行委員長の話しが出ました。それでいて、帰ったら夫人からの礼状とは、あまりにも出来すぎた話です。



と言うのも私が葬儀告別式に、例のオリジナル瓦せんべいを持参したのです。夫人の手元に届くかどうかも分かりませんが、過去に1度委員会に持参したところ、池上博行委員長が「これ美味いね」と世辞を言ってくれたのです。それが嬉しくて、鳥取へ持参しました。そのことの礼でした。

今回は、嘉陽進さんと小橋川共順委員長代行へも持参しました。「これ美味いね」とは言われていないので、大丈夫です。何だか訳の分からないことを言っていますが、楽しい沖縄です。街を歩いて、美味しいものを頂き、地の酒を呑んでおります。

ところで昨日の夜は、宮廷料理の雅な味をこだわりとともに現代に再現。厳選された素材と卓越した調理人の技を、伝統舞踊の本格的な舞台と共に心ゆくまで語堪能下さいという「味と踊りの竜宮城うらしま」へ招かれました。

同席された沖縄宅建協会の徳嶺春樹会長さんや事業運営委員長の多和田勝さんも、幹部のみなさまもはじめてとか。沖縄宅建協会から徒歩わずか5分ですが、来たことがないというのは面白い。地元の人は少ないようですが舞台が始まる少し前に、会場はほどよく満席になりました。

多和田勝業務運営委員長

この3日間ホテルに体重計と血圧計がないので、気持ちよく飲み食いしています。結果が恐ろしいのですが、沖縄もドンドン替わっています。協会の近くに、ビジネスホテルが完成したとして、記念価格の安値4,000円弱を唄い文句にしていました。

私の宿泊する那覇東急ホテルは、全室禁煙で、喫煙したら罰金3万円と書かれていました。もう一つ、バスタブがありません。飛行機チケットパックですから、正規料金は不明ですが、安くはないと思います。近くにリーガロイヤルホテルがあります。部屋は狭いですがベットはダブルサイズで、私には文句がありません。

そもそも私が初めての沖縄へ来たのは22歳の大学生の時、今から50年近く前ですが、鹿児島から船に乗って24時間かかって那覇港へやって来ました。一生のうち、船で来ることはもうあるまいと考えました。また「揺れる風呂」はここだけ(船の中)だと、味わいながら長風呂しました。

ところが那覇市内国際通りの地下の喫茶店から出てきたところで、大学の同級生の女子とばったり会いました。彼女は、那覇の出身でパスポートを持って大学へ来ていました。その頃は、沖縄返還が出来たばかりで、まだ右側通行でした。「金城のベースキャンプの前の高速道路現場の事務所」で目覚めたら、戦車が一般道路を疾走していました。

それから何度か沖縄本島や離島へ行きましたが、沖縄のお陰で今日の日本があるとも言えるのです。「豪商伝・指宿の太平次(角川書店)南原幹雄」によれば、北海道の昆布等を、船を操舵する人が北陸あたりで交替して、琉球まで運んでいたらしいのです。

その逆もしかり、琉球や奄美大島の紬など、珍しいものを大阪や京都へ松前船で運び、莫大な財をなしたのです。そのようにして今の沖縄は、密輸も含めて財をなした。その財は、薩摩藩にもわたりその薩摩が明治維新の資金の提供元の一つとなったのです。近代化・殖産興業・富国強兵のための、資金です。

沖縄は先の大戦でも戦火を浴び、大勢の死傷者を出し、いまだにアメリカ軍駐留基地の8割を担いでいる。ご褒美か確かに今の沖縄は、日本一景気が良いようです。九州の大型連休観光客は、沖縄へ流れるだろう。選挙もやっていました。浦添市の選挙だと思います。ここは、共産党の勢いが強いようです。

いろいろなものが、混在して変化している沖縄。来年度も沖縄委員会開催を希望しましたが、そうも行くまい。改めて、故池上博行委員長の存在の大きさを感じる沖縄3日間でした。

正面が池上博行委員長



| http://www.0011.co.jp/company/diary/index.php?e=3385 |
| 社長日記 | 08:38 AM | comments (1) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑