お役立ち情報

高松市への引越しの手続きの仕方2019年03月24日 | 貸物件豆知識


新しく高松市にお引越しをされる際に気になることといえば、手続き関係のことですよね。
引越し前にしなければならないこと、引越し時にしなければならないこと。
しなくてはならないことがたくさんあると思います。

そこで、初めてお引越しをされる方やどんな手続きがあるのか分からない!と思っている方のために、高松市への引越し時の手続きについてお話致します!

引越し業者の手配

進学・就職等で春から新居での生活が始まる方が多くいらっしゃると思います。
それに伴って引越し業者さんも忙しくなってきます。
お引越しが決まったら早めに業者さんに連絡をして、希望の日にお引越しが出来るようにしておきましょう。
また、引越し費用を安く済ませたい方は、たくさんの業者さんで見積を取って、満足のいく業者さんでお引越しを済ませたらいいと思います(^^)

転校の手続き

お子様の学校が変わる、という場合はいま通っている学校に転校の手続きを申請しておきましょう。
公立の小・中学校の場合は、いま通っている学校から 教科書給与証明書 と 在学証明書 を発行してもらい、住民票の手続きの際に渡される 学校指定通知書 と一緒に転入する学校へ提出します。
私立中学・高校、公立高校はそれぞれの学校に問合せてみてくださいね。

役所への手続き

お引越しをして、いま住んでいる街を出て行く場合は、市役所で【転出届】を出さなければなりません。
転出届を出す際には印鑑と本人確認の取れるもの(運転免許証など)が必要になりますので持参をお願いします。
お引越しが完了したら、今度は新しく【転入届】を届け出なければなりません。
住所が変わった日から14日以内に届け出をお願いします。

その際は転出するときに発行してもらった【転出証明書】と、印鑑と、本人確認の取れるもの(運転免許証など)が必要になりますので持参をお願いします。
同市内でのお引越しの場合は【転居届】の提出が必要になります。
転居届は、住所が変わった日から14日以内で届け出なければなりません。
その際は、印鑑と本人確認の取れるもの(運転免許証など)が必要になりますので持参をお願いします。
引越し後でバタバタするとは思いますが、忘れないように手続きを行いましょう。
参考:高松市役所ホームページ

転入届を提出したら、次は運転免許証の住所変更をして下さい。
管轄内の警察署、または運転免許センターにて変更が出来ます。

ライフラインの手続き

お引越しをする前に忘れてはいけないのが、電気・ガス・水道の閉栓の連絡です。
いま使用している会社に閉栓の連絡を必ずしておきましょう。
お引越し先で使用する会社にも開栓の連絡をしておかなければなりません。
お引越し当日に電気も水もガスも使えないとなったら生活が出来ませんので必ず確認しておきましょう。

賃貸物件にお引越しをされる方は重要事項説明書等に電気・ガス・水道の会社の連絡先が記入してありますので、そこの会社に連絡してみましょう。
ガス会社は開栓時に立会が必要になります。立会可能日時を入居日以降で使用開始する日を考え、ガス会社に伝えましょう。
インターネットを使う場合はどの業者が使えるのかを調べ、回線を引いてもらわなければなりません。
賃貸物件によってはインターネットの回線が引いてある場合もございますので、不動産業者に確認をお願いします。
以上がお引越し時の主な手続きになります。

新居が決まったら一安心、というわけではなく、その後お引越しの手続きが完了するまでが忙しいとは思いますが、最後まで抜かりなくやっていきましょう。
高松市には、転出・転入・転居届を市役所以外に、住所のある管轄の出張所でもお取り扱いしております。
わざわざ電車や車を使って行くのは大変なので、お近くの出張所を利用してみてはいかがでしょうか。
高松市役所のホームページに詳しい情報が載っていますので、是非ご確認下さいね☆