お役立ち情報

不動産会社の上手な選び方ポイント2019年03月23日 | 貸物件豆知識

良い不動産会社の見分け方

部屋を探すときに皆さんはどの様に不動産会社を選んでいますか。
まず、大半の方は、インターネットで物件を調べたり、住宅情報誌などで住みたい物件に目星を付けてから記載されている不動産会社へ連絡を入れると思います。
中には、近場や知り合いの不動産会社に条件を伝えて紹介してもらう方もいるでしょう。
皆さんは「不動産会社なんてどこも一緒だろう」と思っていませんか。いきなり不動産会社に飛び込むのはお薦めしません。
気持ちよく部屋探しをするためには「良い不動産会社」を選ぶことがポイントです。

不動産会社のホームページを参考にする

良い不動産会社とは、いいスタッフ(担当者)がいる不動産会社です。
不動産会社のホームページにはスタッフ紹介などが掲載されています。事前にスタッフの顔やコメントをみることでおおよその感じがつかめます。
また、その不動産会社の経営理念などを含めて、何に力を入れているかなどを確認することも判断の一つになります。

希望エリアの近くを選ぶ

希望するエリアに近い不動産会社は周辺の環境もよく把握しており、実際に住んだ場合のシミュレーションをしやすいといメリットが高いです。さらに、大手不動産会社には掲載されていないような掘り出し物件がある場合も。

複数店舗を回る

同じ条件で部屋を探していても、担当者のさじ加減によって似た条件の異なる物件を紹介される場合があります。「対応してくれた担当者に悪いから……」と、ひとつの店舗で決めてしまう人もいるようですが、物件の選択肢を広げる意味で、また、よりよい担当者と巡りあう機会を増やす意味でも、複数の店舗を回ることは有効な手段と言えます。

良い不動産会社の見分け方

本当に「良い不動産会社」を判断するには、窓口となる担当者の対応を見るのが一番です。
こちらの希望通り、または希望に近い物件を紹介してくれることは基本中の基本。希望と大きく異なっていたり、望んでもいない条件を「オススメポイント」などと言って紹介する担当者は要注意です。
また物件を紹介する際、プラス面だけでなくマイナス面も隠さずに教えてくれる担当者は好印象です。
さらに言えば、ひとり暮らしなら高いセキュリティの部屋、大家族なら広く使いやすい間取りというように、こちらの事情を先回りして物件提案をしてくれる人なら、安心して頼ることができそうです。
上記の選び方を参考にして、不動産会社を選んでみてください。それぞれの不動産会社で工夫があり、大差がないかもしれません。その場合は、最寄りの不動産会社や、おしゃれな不動産会社にいって良いと思います。